Vol.0376:ジョージア不動産プレビルドで大儲けは可能か?(前編)

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。 『プレビルド』と言う言葉をご存知でしょうか?
完成前の不動産の購入のことを『プレビルド』といいますが
業者がこの言葉をよく使うからなのか?
海外不動産投資となるとやたらこの『プレビルド』
言う言葉を耳にします。
個人的には『〇〇年完成予定の新築不動産』と言った方が
分かりやすいのでは?と思っていますが・・・・
なので、私はあまり『プレビルド』と言う言葉は使いません。
(使う時もありますが。)
これは国のよってもルールが違うのですが
完成前の不動産は、まだ登記が完了していないので
(仮登記をする国もあれば、完成まで登記をしない国もあります。)
『不動産を買います』と言う契約書しか交わしていないのが一般的です。
そして『不動産契約書を売買する』と言うことが
可能な国があります。
分かりやすい言葉で言えば『完成前に転売』と言うことなのですが
例えば
『契約書の名義がAさんが購入する』となっているのを
『契約書の名義をBさんが購入する』に書き換えて
不動産代金をBさんからAさんに渡すわけです。
不動産が完成後はBさんの名前で登記します。
完成前の不動産で契約書の売買は
法律的に『OKな国』もあれば『NGな国』もありますが
一般的にはその契約書上のやりとりを
『オーナーチェンジ』と言います。
(国により表現方法が異なります)
さてさてさて
『このオーナーチェンジはジョージアでは可能でしょうか?』

続き
Vol.0376:ジョージア不動産プレビルドで大儲けは可能か?(後編)

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら※※※※※※※※※※※※※※※※※

エジプト不動産の資料請求はこちら Youtubeチャンネル開設!エジプトの今をお届けします。エジプトTV ドバイ法人設立・移住はコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます!