Vol.0737:ジョージア経済の再開は2022年1月か?

ジョージアのコロナ感染者数

ジョージアでのコロナウイルス感染者数は下記の通りです。

12月のピークからかなり減少し
(ロックダウンもしていたので)
最近、また上昇傾向ではあるものの
ただ、ワクチンの接種は始まっています。
本題に入る前にお知らせです。
今一押しのエジプト不動産投資のブログ記事は下記。
参照:Vol.0717:エジプトのGDPは世界第7位へ!!
参照:Vol.0718:最悪の危機を脱したからこそ、今がチャンス!!【エジプト投資】
※※※勉強会のご案内※※※
ウクライナ & ジョージアの銀行口座開設勉強会【2021年05月19日】
※※※※※※※※※※※※※※※
 
※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※
ナイジェリア証券口座で必要なBVN登録会のお知らせ
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

ジョージアのワクチン状況

ジョージアでは、2021年3月から
ワクチン接種が始まっており
アストラゼネカ、ファイザー、シノファーム
の3種類のワクチンがジョージアに入っています。
ただ、接種率は?と言うと

全国民の
1%,2%ほどなので、まだまだ
ワクチンが足りていない状況です。
現在、ジョージアでのワクチン接種は
1日5000人程度が実施されていますが
6月までには集団接種を開始し
1日,15000人の接種を行い
今年の12月までには、全国民の60%まで
接種が終わっていることを目標にしています。

まとめ

明らかにワクチン接種のスピードが遅いのは確かですが
新興国と言うことや、ワクチンが入ってきているだけ
まだ良しと考えるべきなのかもしれませんが
ワクチン接種で先行している
イギリスや、アメリカ、イスラエルを見てみると
明らかに感染者数が減少しています。
特にイスラエルは
ピーク時、1日の新規感染者数が1万人を超えていましたが
現在は1日30人を割っています。

つまり、ここから読み取れることは
ワクチンの接種が進めば『経済の再開はできる』と言う
『希望の光』と考えていいと思っています。
しかし、逆に言えば
『ワクチンの接種が進まなければ、経済の再開はできない』とも
言えるわけです。
と言うことは、ジョージア政府は今年の12月末までに
全国民の60%を目標にしているので
ジョージアの『本格的な経済再開』
2022年1月頃になるのではないか?
と見ています。
◆Beograd Consulting Groupの不動産チームが
世界中の不動産情報をnoteに書いています。
Beograd Consulting Group公式noteは
こちら→https://note.com/b_c_g
◆Beograd Consulting Groupの公式LINE(最新情報が毎日届く)
の登録はもう済んでいますか??
公式LINEはこちら→https://beograd-consulting.com/line/

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!エジプトの今をお届けします。エジプトTV