Vol.0005:ジョージア共和国の不動産投資『Telavi(テラヴィ)』

昨日に続き
『ジョージア共和国の不動産投資』ですが

現在、紹介しているエリアは
首都である『トビリシ』や人気観光地『バドゥミ』のみですし
その案件もまだまだ数が少ないです。

その理由としては、何でもかんでも紹介をすればいいと言う物ではなく
『投資案件として良い物を紹介したい』と言うことで選別を行っているため
数はすごく限定されてしまっているのですが
しかし、様々な不動産開発会社と交渉を続け
ご紹介できる案件は、着実に増えてきています。

そして、今回初めて紹介させて頂くのが
『Telavi(テラヴィ)』地区の不動産です。

まず、テラヴィがどこなんだ?と言うことですが
バドゥミの反対側のエリアで、下記の地図上の右側、赤い点がある場所です。

 

日本で言えば
トビリシは東京のような場所ですし
バドゥミは、シンガポールのセントーサ島のような場所(例えが日本では難しいです。)ですが

テラヴィは『軽井沢のような保養地』とイメージして頂ければ
分かりやすいかと思います。

その軽井沢のような場所にある戸建ての案件が下記です。

 

戸建てと言っても、日本のような戸建てではありません。

土地の面積は600㎡を超え
建物面積も230㎡を超える新築戸建てです。

それで価格は『30万USD』と言う金額です。

単純な30万USDと言う金額だけ見たら高いですが
建物の規模を考えたら、いかにジョージアの不動産が安いのか?と言うことが
想像できるかと思います。

もちろん、これを貸し出すわけですが
様々な経費や管理会社へ支払う費用を引いたとしても、ネット利回りで10%は超えてきます。

このような、良い案件は
クライアント様、有料でブログを読まれている方々に
優先的にご紹介させて頂こうと思っています。