Vol.0006:ジョージア共和国 首都トビリシのランドマーク

今回も、ジョージア共和国の不動産投資ですが
例えば、日本で言えば

大阪のアベノハルカス

東京の六本木ヒルズ
などは、その地域のランドマークタワーとして
認知されることが多いですが

今回、ご紹介させて頂くプロジェクトは
ジョージア共和国の首都トビリシで将来、ランドマークタワーとして
認知されるだろうプロジェクトになります。

物件名は『KING DAVID』
ホテルや、商業施設、オフィス、アパートメントなど
様々な施設が入り、まさに日本の六本木ヒルズのような物件です。

 

そして、この複合施設のアパートメントが区分で販売されているわけですが
下記の『49.45㎡の部屋』で、なんと販売価格は『103845USD』です。

 

日本円で言えば、1100万円くらいですが
どうでしょうか!?日本でこの手の物件を購入しようと思えば
1億円は間違いなく超えてくるのではないでしょうか!?

これが、これから成長期待ができるジョージアの不動産投資の
最大の魅力になります。

成長期待は高い国ですが、まだまだその認知度は低く
だからこそ、価格が安い。しかし、成長が高まり認知度が上がれば
多くの投資マネーが入り、瞬く間に物件価格は上がっていきます。

だからこそ、投資をするのであれば今だと思っています。