Vol.0025:小さい部屋を2つ買うべきなのか?

昨日、書かせて頂いた『ジョージアのスキーリゾートの物件』ですが
物件には、下記の間取りのように
50㎡以上の大きい部屋と
(221号室はメゾネットタイプです。)

 

 

50㎡以下の小さい部屋

が、あるわけですが
例えば、予算が10万ドルであれば

・大きい部屋を1つ買うべきなのか?
・小さい部屋を2つ買うべきなのか?

と、悩まれる方もいるかと思います。

大きい部屋には大きい部屋の需要やメリットもあるわけですし
小さい部屋には小さい部屋の需要やメリットもあるので
一概にどっちがのがいいのか?と言う回答は難しく
『大きい部屋と小さい部屋で、極端に利回りが異なる』
とも思っていません。

しかし、あえて優劣をつけるのであれば
予算が10万ドルであれば
小さい部屋を2つだと思っています。

その理由ですが

例えば、4人グループが
ジョージアのスキーリゾートに旅行を検討していたとします。

彼らは『みんなで一緒の部屋がいい!』とホテル側に希望を出すと
当然、ホテル側は50㎡以上の部屋を手配します。

しかし、予約がいっぱいで手配できなかったとします。

では、この時4人グループは
次にどんな行動に出るでしょうか?

旅行をキャンセルしますか?
おそらくNoです。

彼らが次に出る行動はホテル側に
『部屋が2部屋になってもいいので、隣同士の部屋、もしくは同じフロアの部屋はありますか?』
と、言うオーダーをホテル側に出すはずです。
(小さい部屋、1部屋に4人宿泊するのは不可のため)

つまり、50㎡以上の大きい部屋のターゲット層は

・4人以上のグループのみ

50㎡以下の小さい部屋のターゲット層は

・1、2人の旅行者のみならず、3人、4人、10人の大人数グループ旅行者全て

となるわけです。

なので、あえて優劣をつけるのであれば
小さい部屋を2つでは?となるわけです。

しかし、大きい部屋のニーズがあるのは間違いがなく
大きい部屋は全体の中で数が少ないため
結果的に『利回りに差が出てこない』とも思っていますが。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。