Vol.0036:加速する仮想通貨のサービス開発!

ここ1年で仮想通貨の価格は大きく下落し、多くの個人投資家は
『仮想通貨はもう終わった』と考えていますが
そんな仮想通貨に投資をする個人投資家の意見とは逆に
企業の動きは、個人投資家とは全く逆の動きを見せています。

私達は、仮想通貨の目先の価格の値動きはさほど重要ではないと考えており
(長期的な視点で考えた場合)
重要なのは『企業の動きであり、企業がどんな便利なサービスを世の中に出すのか?』
だと考えています。そして、『そのサービスが世の中で必要とされれば
必然と仮想通貨の価格も上がっていく』と考えています。

そんな考えで、私達は仮想通貨に投資をしているわけですが
ここ1年、仮想通貨の動きをみてきて
サービス開発がもっとも盛んで、多くの企業が参加していたのは
下記の仮想通貨だと感じています。

それが『NEM(ネム)』です。

NEM関連の記事を上げ出したらキリがないくらい
山ほどあるのですが、そのいくつかをあげさせて頂くと

オーストラリアのグルメ検索サイトでの決済

NEMとギフトの提携

NEMを使った次世代の会計システム

NEMを使った政府システム

NEMで決済する旅行サイト

NEMを使った電子証明

NEMを使ったベンチャー投資

NEMを使った実店舗での決済サービス

これらの記事は日本語で書かれたものをピックアップさせて頂いたのですが
英語の記事はこれの数十倍はあり

その情報の多くは
NEMの公式HPと公式Facebookから配信されています。

公式HP

なぜ、インターネットがここまで世界の中で広がってきたのか?
を考えると『便利だったから』と言うことは間違いないのだが
便利だったのは、『インターネットではなく、インターネットを使ったサービス』だと
言うことだと思っています。

世界中の個人、企業が
面白いアイデアをどんどん出し、そこに投資家がお金を出資し
瞬く間に世界に広がってきたのがインターネットです。

仮想通貨も同じで
重要なのは『多くの個人、企業が関わりアイデアが出され、そこに出資されている環境がある』ことで
客観的に見てもNEMにはそれがあり、他の仮想通貨よりも頭2つ分くらい抜きに出ていると感じています。