Vol.0042:中国とジョージア共和国の関係

日本では報道されることはないと思いますので
このブログで書かせて頂こうと思いますが
世界の中でも大きな影響力を持つ中国は
ジョージア共和国を重要な国の1つとして、経済戦略を構築しようと
しています。

その経済戦略とは?

と言うことですが、それが
『シルクロード経済構想、またの名を一帯一路構想』と呼ばれる
中国のビック国家プロジェクトです。

簡単に言えば、EUの中国バージョンと言うことになるのでしょうが
EUと大きく違う点があるとすれば、一帯一路は中国が絶対的な主導権を
握っていると言うことでしょうか。

そんな一帯一路には
ジョージア共和国も参加国になっているのです。

※HKTDCより

 

すでに貿易の拠点になっているトルコも
一帯一路構想に入っているわけですが
トルコからロシアへ陸路で行く場合には、ジョージア共和国を通らざるえません。

それゆえに、中国は一帯一路構想で
ジョージア共和国もおさえておきたっかと言うことなのですが・・・

少し心配点があるとすれば
まだまだ安いジョージア共和国の不動産や物価が
チャイニーズマネーが入ることで、急上昇しないか?と言う点です。

世界中、どこに行っても
チャイナタウンがあるように、人の数と資本力に物を言わせ
すぐにコミュニティを作るのが彼らの得意分野ではあるので。