Vol.0067:相次ぐ大企業の不祥事は、80年サイクルと考えるべきか?

Tag :

あまり本の紹介はしません、唯一紹介させて頂いた本で
組織の崩壊を書いた本を覚えていますでしょうか?

最近、またこの本について
あらためて考えさせられることがあるのですが
それは『ここ最近、あちらこちらで起きている大企業の不祥事』です。

例えば

日産のゴーン会長の逮捕

ANAの飲酒運転

スルガ銀行不正融資

サンリオの有害物質

KYBデーター改ざん

日立 パワハラ

レオパレス21 建築基準法違反

清水建設 談合事件

書き出したらキリがないくらい出てくるのですが
それは民間企業だけではなく、国家を運営する政府もしかりです。

財務省の不祥事

80年サイクルを書いた著者が言うように
今、日本の企業、政府中枢は、組織の腐敗が起きているのではないか?

それが、これだけの不祥事を引き起こしているのではないか?

と考えた場合、点と点が線で結ばれていきます。

そして、今後
日本は難しい舵取りが要求されるわけですが
(社会保障の問題や人口減の問題など問題が山積みですので)
そんな中、組織が腐敗し、優秀なリーダーが不在で
この局面を乗り切れるのか?

と考えた場合、私は『NO』ではないかと思っています。