Vol.0083:ジョージア共和国に広がる鉄道網

ここ1年、弊社でジョージア共和国のことを多く書かせて頂いてきたので
ジョージア共和国のことをもっと知りたいと思う方もいるかと思いますが
あまりアジアでは報道されることがないため
ジョージア共和国のことを、このブログで少しでもお伝えできたら
と思っています。

少し前に、ジョージア共和国とトルコとアゼルバイジャンの3カ国の間には
鉄道が走っており、その鉄道は後々
ロシアや中国、ヨーロッパへと延びていくと書かせて頂きました。

しかし、ジョージア共和国の鉄道網は
国を超えていく国際的な鉄道網だけではありません。

ジョージア共和国国内の鉄道網もしっかりと
広がっており、それはジョージア共和国全土に広がっています。

下記のマップがジョージア共和国国内の鉄道マップです。

そして、この鉄道を走らせているのが『Georgian Railway LLC』です。
(HPがこちら)

オンラインでチケットの購入もできるため
ジョージア共和国に訪れることがある際は
東から西へ鉄道を使い、横断する旅もおすすめです。

まだ新しい国のため、それほどインフラが整っていないのでは?
と思う方もいますが、それは大きな誤解で
国としての形は新しいかもしれませんが、ジョージア共和国ができる
以前の旧ソ連時代からその土地には人が住んでおり、経済活動が
行われてきたわけです。

つまり、国と言う形は新しくても
インフラはしっかりと整備されている国だと言うことです。

ちなみに、ジョージア共和国では地下鉄も走っています。