Vol.0091:お金の価値の裏付けは何なのか?

Bitcoinを代表とする暗号資産に否定的な意見の方々は
『暗号資産には価値の裏付けがないからダメ』だけど
その点
USDや日本円などの法定通貨は『政府が保証することで価値の裏付けがある』
言うわけです。

しかし、弊社は
裏付けがあろうがなかろうが『お金の本質は幻想』だと思っています。

USDや日本円などの法定通貨が
『政府が保証することで価値の裏付けがあるから安心』
言うが、ではなぜ法定通貨は暴落するのでしょうか?

価値の裏付けがあるのであれば
暴落などしないのでは?

しかし、現実には

アルゼンチン、ブラジル、ロシア、ジンバブエ
など、多くの通貨が暴落を起こしています。

価値の裏付けがある?のにです。

ここに、私たちは『お金の本質がある』と思っています。

お金とは『暗号資産であろうが、法定通貨であろうが、幻想であり
人々がそれに価値があると思うことが重要』だと思っています。

過去の歴史の中で
紙幣は現物の金との交換券でした。
金本位制と言う通貨制度です。

1万円札は1万円分の金と交換ができる券であり
それこそ、まさに『価値の裏付けがあった』と言える時だったと思います。

しかし、世界大戦が起こり
金本位制を維持できなくなってしまい、現在の通貨制度に移行しています。

金本位制が廃止された際
世界中の人が現在の通貨制度に『異を唱えた』そうです。

『政府が無限に印刷できる紙幣など価値があるか!!!』と。

現在の通貨制度は金本位制の時と違い
政府が無限に印刷してお金を作ることが可能です。

現在のお金はただの紙なのです。

もともと金との交換券だったわけですし
それを考えれば、その時代の人々が政府が無限に印刷できる紙幣の価値がないと
思う気持ちはよく分かります。

なのに、なぜ現在の多く人々は
『1万円札に1万円の価値があると思っているのでしょうか?』

答えは簡単です。
『みんなが1万円札は1万円の価値があると思っている』からです。
けして裏付けがあるからではないです。

だからこそ『みんなに価値がない』と思われれば
アルゼンチン、ブラジル、ロシア、ジンバブエ
のように通貨は暴落するのです。

だからこそ、今のお金は『幻想』なのです。

暗号資産は『価値の裏付けがないからダメ』なわけではないです。
お金の本質は法定通貨も暗号資産も同じなので。

まだ暗号資産が法定通貨よりも劣る点は
『みんなが暗号資産に価値を見出していない』と言う点です。

だからこそ、暗号資産は『サービスが重要なのです。』

多くの企業がその暗号資産を使ったサービスを世の中に登場させることで
色々な所で暗号資産が使える場所ができる。

それにより、世界中の人が『便利!』と思えば
そこに価値が生まれ、暗号資産が通貨としての地位を確立できるわけです。

そして、弊社は間違いなく
5年から10年の間で、決済手段のメイン通貨は『暗号資産』になると感じています。