Vol.0098:全国民に400万円を配る!?

もし、日本政府が全国民1人1人に
『国債を発行しないで日銀が印刷しまくった1万円札で400万円を配る』と政府が発表したら
国民は?マスメディアは?世界は?
どのような反応をするだろうか?

『ハイパーインフレになるのでは?』
『円の価値が暴落するのでは?』
『日本円は信用できない』

など、おそらくネガティヴな意見が多くなるのではないでしょうか?

1億人に400万円を印刷して配るとなると
その金額は400兆円にもなり、その400兆円で海外から物やサービスも買われるとなると
世界はけして良い顔はしないはずです。

なぜなら、その400兆円は
日銀が機械を回して供給した物だからです。

なので、こんな政策は日本政府に限らず
世界中どこの政府も行わないのですが、しかし
今の日本はそれに近いことを行なっているわけです。

それは何か?と言うと

『日銀による国債購入』です。

すでに日銀による国債購入は400兆円を超えているわけですが
その原資は『機械で1万円札を印刷して作られた物で、まさに無限に購入できる状態』です。

しかし、現状
金利は上昇していないですし、円安は進んだものの円は暴落していません。
また、国民だけでなく世界も『円は安全』だと言う認識です。

『国債を発行しないで日銀が印刷しまくった1万円札で400万円を配る』ことも
『日銀による国債購入』もやっていることは同じなのにです。

これは『絶対に円が暴落するはずがない』と多くの人達が考えていることだからだと
思っていますし、この状態は『マヒしている』と考えています。

そして私達はこれと同じような経験を10年以上前に経験しています。

それは2008年のリーマンショックです。

2008年のリーマンショックが起こる少し前
2007年に『サブプライムローンの問題が表面化』
一部の人達が『現場(不動産市場)では、不動産ローンが焦げ付きだしている。
このままいくととんでもないことが起こる』
と声を上げたのですが、機関投資家も含め多くの投資家、金融機関は
『アメリカの不動産ローン金利市場は上がっていない(債券が売られると金利が上がります。)。
不動産ローンは正常だ。不動産ローンの破綻などあり得ない』と言いました。

そして、2008年のリーマンショックです。

『あり得ないと思っていたことが、実は間違っていたことに多くの人が気が付いたため
市場は大パニックです』

今の日本の状況と似ていると思いませんか?

『日本円の暴落などあり得ないと多くの人が信じ、今だに日銀は国債を買いまくっている』わけです。
そして、このことに誰も疑問を持たないわけです。

でも、ある日『それは間違っていた』となれば
『市場は大パニックになり、リーマンショックの再来とならないでしょうか?』

今の日本はどのような状況なのか?

人口が増えているわけではありません。
インフレ率は極端に低いです。
社会保障費は増え続けています。

そして、それを支えてるのは『日銀の国債購入』です。

これは正常なのでしょうか?

私達のブログとは関係なく、投資家1人1人がもう1度よく考える時ではないでしょうか?