Vol.0100:北朝鮮への投資

Tag :

弊社は昨年の北朝鮮とアメリカのトップが対談をしたことで
北朝鮮と言う国の見方を180度変えています。

今までの『頭のおかしい異常な国』から
『まともな国』へと変革期に入り、これ軌道に乗れば
大きな成長期へと移行すると考えています。

これは弊社だけではなく、大物投資家である『ジム・ロジャーズ』も同様の指摘をしています。

※ソースはこちら

弊社のクライアントの中には北朝鮮?と首をかしげる人も多いかもしれませんが
『ジョージア共和国』と言う国のことを思い出してください。

私達が『ジョージア共和国に目を付けた時』多くのクライアントは
ジョージア共和国と言う国に対して疑問視を持っていたはずです。
『なぜジョージアなんだ?』と。

しかし、今はどうでしょうか?

私達がジョージア共和国と言う国の情報発信をしたことで
ジョージア共和国に対して『明るい未来』を感じる人のが大多数ではないでしょうか?

それと同じです。

私達は『北朝鮮と言う国を知らないだけ』なのです。
だからこそ、まずは『今の北朝鮮がどうなっているのか?』と言う所から
始めていなかないといけません。

そして、北朝鮮へ投資をするためには2つの物の準備しないといけません。
それは

・投資先
・送金手段

です。

まだ北朝鮮は完全に解放されているわけではないので
確かで確実な投資先(投資ルートと表現した方がいいかもしれませんが)を探すのが
とても大変です。情報が手に入らないため。

しかし、確実に言えることは
現在、北朝鮮では外国人のためにいくつも特区を作っており
多くのヨーロッパ人(だいたいイギリス人。こうゆうことはイギリス人の得意分野です)が
投資をスタートさせています。

つまり、投資をする手段を知らないだけで
投資をする手段はあると言うことです。

今、弊社ではこの情報を全力で調べていますので
もう少しお待ちください。

次に問題なのは『送金手段』です。

例えば、日本やアメリカは北朝鮮へ経済制裁を行なっているため
投資先を見つけたとしても『北朝鮮へ送金をする手段』がありません。

これは経済制裁だけではなく『北朝鮮と外交関係がない国』からは
基本的には送金ができないと思った方がいいです。

しかし、ここにも多くの人の勘違いがあるのですが
北朝鮮と言う国に対して、全世界のほとんどの国が
『経済制裁をしていて、外交がない』と思っている人達がいるのですが
実際はそうでもないです。

北朝鮮と外交関係を持ち、経済取引も行い
友好関係を持っている国は意外にも多いです。

つまり、それらの国からでは北朝鮮へ送金ができると言うことです。

じゃーその国はどこなのか?と言いますと
それが『セルビア』なのです。

私達は昨年『セルビア共和国の銀行口座を郵送でできるようにしました』

参照:セルビア共和国の銀行口座開設

もちろん、それはセルビアと言う国に
ジョージア共和国同様の可能性を感じているからですが
実はセルビアの銀行口座を準備できるようにした時
最初から『北朝鮮への送金手段』としての構想はしていました。

『セルビアへは送金ができるのだからセルビアから北朝鮮へ送金をしたらいい』と。

つまり、弊社は『送金手段』に関しては準備ができているのです。

残すは『投資先』だけです。
頑張って見つけてきますので、お待ちください。