Vol.0102:成長するジョージア共和国のGDP

ジョージア共和国の1人当たりのGDPは
現在『11,206ラリ』と、世界の中で見ても111位でけして
高いとは言えない数字です。

しかし、1991年に独立した若い国が
20年、30年で、世界のトップ10に入ることは無理な話で
私達は現在の111位と言う数字よりも
『1人当たりのGDPが成長しているのか?』のが大切だと考えています。

※世界経済のネタ帳より

グラフを見ていただいて分かるように
年々成長しているのが『ジョージア共和国』なのです。

かつての日本も同じですが
大卒の初任給が2万円だった時代と言う時があったわけですが
今のジョージア共和国は
それと似た様な状況にあると思って頂ければイメージがしやすいかと思います。

今後、成長するにつれ
国民の所得も上がるでしょうし、それに比例する形で
不動産価格が上がることも予想されます。

だからこそ、今
『ジョージア共和国の1人当たりのGDPが低く、成長していると言う状況は
投資をする上で、チャンス』だと言うことです。