Vol.0104:ジョージア共和国のオフィス投資(その1)

ジョージア共和国で不動産投資をスタートして
間も無く1年くらい経つのですが、ここまではメインとしてきたのは
『住居』『ホテル』なのですが
『オフィス案件』も面白いのでは?と思い、今年に入ってから調査をしています。

『オフィス案件』と言うとイメージとしてあるのは
『1棟ビル』なのですが、オフィスも住居と同じように
区分で販売されることは珍しくありません。

住居だろうが、ホテルだろうが
オフィスだろうが『不動産投資』なので、弊社の考えはブレないのですが
重要になってくるのは『賃料がいくら取れて、投資した金額が何年で回収できるのか?』だと
言うことです。

そして『賃料の上昇が期待できる案件であれば、それは良い案件』なわけです。

重視すべき点は『不動産価格の上昇』ではなく『賃料価格の上昇』です。

なぜなら、現在の年間賃料が100で単純利回りが20%の案件が
年間賃料が200に上昇した場合、単純利回りは40%まで跳ね上がるからです。

賃料が重要だと考えた時に
『ジョージア共和国のオフィス需要はどうなのか?』と言うことを
見ていく必要があるのですが

ポイントは3つあると思っています。
1つ目は『ビジネスがしやすいランキングで世界第6位』
ジョージア共和国は小国ながらも、世界の中でビジネスがしやすいランキングで
世界第6位なのです。

※GLOBAL NOTEより

2つ目は『安い法人税』
ジョージア共和国は税金が安いことでも有名ですが、ジョージア共和国の法人税は15%です。

3つ目は『隣国との経済構想』
現在、隣国のアゼルバイジャン、トルコとは鉄道が走っており
経済だけではなく、教育や軍事、スポーツにおいても『共同で行なっていこう』と言うことで
様々なことが動いています。ジョージア共和国単体で見れば小国ですが
そこにトルコ、アゼルバイジャンが加わることで
日本と同じレベルの経済規模になります。

これら3つの要因から
ジョージア共和国では現在、世界中のスタートアップが集まりだしており
スタートアップが集まると言うことは『オフィス需要がある』と言うことにならないでしょうか?

これが弊社が『ジョージア共和国のオフィス案件は面白いのでは?』と考える理由です。

明日は、具体的な案件を書かせて頂きます。