Vol.0117:アゼルバイジャンの不動産投資の間取り

昨日の続きにはなりますが(昨日の記事はこちら)
まずは、クライアントの皆様には
アゼルバイジャンの不動産価格のイメージを持って頂きたいと思っています。

お伝えしたように、アゼルバイジャンのバクーは首都であり
アゼルバイジャンの中では最も栄えていて人口も多い都市です。

そして、昨日書かせて頂いた物件は
『富裕層向け』の高級レジデンスになるのですが
どれくらいで購入できると思いますか?

少し間取りが小さいタイプ『62.43㎡』で81,130USD

 

 

『159.29㎡』と言う間取りで223,006USD

 

 

『358.02㎡』と言う間取りで1,145,664USD

と、言った感じです。

金額だけで見た場合
8万ドル、20万ドル、100万ドル
と言う数字は高いです!!

しかし、100万ドルの部屋は
平米数だけで、358㎡もあるわけです。

もし、東京で358㎡の高級レジデンスを購入しようとした場合
いったいいくらになるでしょうか?
8億?10億?くらいの販売価格にはなってきます。

つまり、アゼルバイジャンの不動産は安いと言うことになってくるのですが
実はここでも重要になってくるのは、ジョージアの『銀行』『不動産』になってくるのです。

昨年、弊社がジョージアで不動産投資をスタートさせた時
多くの方が、銀行口座の開設とセットで不動産も購入されていますが
完成が早い物であれば、今年の末に完成してくる不動産もあります。

それらを担保にすれば、銀行は喜んでお金を貸してくれますし
そのお金は、アゼルバイジャンの不動産に回してもいいわけです。

ジョージアで1軒目をキャッシュで購入していれば
その不動産のローン返済はないわけなので
2軒目をローンで購入しても、1軒目の家賃収入と2軒目の家賃収入で
2軒目の不動産のローン返済をしていくので、そのリスクはかなり限定的になってきますし
返済も早くできます。(もともと利回りが高いのもありますが)

そして、2軒目のローン返済が終われば
1軒目と2軒目の不動産を担保にお金を借り
3軒目の不動産購入です。

1軒目、2軒目、3軒目の家賃収入で
3軒目のローンを返済するわけですから、さらにリスクは限定的になります。

そうすると、上記の王族が住むような
350㎡の不動産も楽に購入することができるわけです。

当初、弊社が想定していたよりも
はるかに早いスピードで、ジョージアの不動産価格は上昇しています。

はっきりとお伝えしておけば
ジョージアで、昨年のような不動産価格で不動産が販売されることも
もうありません。

今年、大手不動産会社が販売される不動産は
どれもかなり高い価格で販売されることは決定しています。

キャッシュで、簡単に買えたのは昨年までです。

だからこそ、昨年
キャッシュで不動産を購入できた方は、とてもラッキーでしたし
そのラッキーを、今後の資産運用でフル活用して頂きたいと思っています。

そのために、弊社は今回のアゼルバイジャンのように
世界中の成長市場から投資案件を集めてきます。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。