Vol.0119:成長国に共通している点

このブログで多く登場しているジョージア共和国や
他にもアゼルバイジャン、セルビア共和国などなど
これらの国でビジネスしている弊社ですが、ビジネスをしている上で
成長国として共通していることがあります。

それは『10代、20代の子が将来に夢や希望を持っており豊かになっている』と言うことです。

当たり前と言えば、当たり前なのですが
10年後、20年後
その国の中心的国民になってくるのは誰でしょうか?
60代、70代の高齢者でしょうか?
違います。間違いなく、30代、40代の人達です。

10代、20代の子が豊かになっていくからこそ
10年後、20年後もその子達に比例する形で国が大きく成長していくのです。

かつて、戦争に負け
敗戦国となった日本で、高度成長期に移った際
多くの10代、20代が将来に夢や希望を持ち、豊かになっていったはずです。
だからこそ、今の日本があるわけですし
今の日本で高齢者がお金を持っているわけです。

つまり、国が成長する過程において
『10代、20代の子が将来に夢や希望を持ち豊かになる』と言うことは
とても重要だと言うことです。

しかし、今の日本はどうでしょうか?
10代、20代の子が将来に夢や希望を持っておらず
それどころか、20代の貧困問題も出ています。

10代、20代の子が将来に夢や希望を持てず貧困になるような国は
10年後、20年後、間違いなく衰退していくと感じています。