Vol.0124:アメリカ国債の発行残高が22兆ドルを突破!

アメリカの歴史上、初めて国債の発行残高が22兆ドルを突破したと
CBS NEWSは報道しました。

※CBS NEWSより

とんでもない数字になっているわけですが
これはアメリカだけではないのです。

世界中の国で見られる傾向なのですが
世界大戦以前の通貨制度は『金本位制』
1ドル札や1万円札は本物の金と交換できる制度だったわけです。

つまり『その国が持つ金の保有量=通貨発行をできる上限』だったわけですが
世界大戦に入り、どの国もお金が苦しくなり
金本位制が廃止され、現在の通貨制度(中央銀行が無限に紙幣を印刷できる制度)に
移行されていったわけです。

世界大戦が終了して70年以上が経過したわけですが
アメリカだけではなく、アジアでもヨーロッパでも
自国経済を豊かにするために、通貨を無限に印刷しまくり
社会サービスを提供してきました。

その結果、世界中の政府が借金まみれになっているのが
今の世界経済です。

ただ、こんな状態が未来永劫続くと言うことはありえるのでしょうか?

このことについて、私達はそろそろ真剣に考えないといけない時期に来たと
思っています。

まだ、日本やアメリカのような大国では起きていないですが
小国、例えばベネズエラでは自国経済が崩壊しハイパーインフレが発生しています。
このようなことが起こると、以前だと基軸通貨であるアメリカドルに
国民のお金は流れたのですが、最近ではそれが仮想通貨ビットコインなどに流れています。

世界大戦終了から続いた、この通貨制度と借金の拡大。
それがすでに小国では持ち堪えられな状態になっているとして
その波が大国にも押し寄せ、大国も持ち堪えられなくなった時
もしかしたら、通貨制度が変わるのではないか?と思っています。

世界大戦中
金本位制から管理通貨制度に移行し
それが政府の借金を膨張させました。そしてその借金に大国が耐えられなくなった時
借金をリセットさせ管理通貨制度から仮想通貨制度に切り替わると言う可能性は
けしてゼロではないと思っています。