Vol.0132:エストニア方式の税制

日本の税制は『世界中、どこで稼いだとしても全て日本で申告をし
日本で税金を支払うわないといけない』となっています。

日本のインフラを使っていなくて
海外で稼いだお金が日本に入っていなくてもです。

鬼ような税制なので、私達はこれを『鬼税制』と呼んでいますが・・・

しかし世界ではこんな言葉がトレンドになりつつあるような気がします。
それが『エストニア方式の税制』です。

エストニアの税制は
自国の税制が低いだけではなく(法人税は20%。配当をしない場合は0%)
国外源泉所得は課税しない方式を取っており
国外で稼いだい売上には課税がされません。

このことを、正確には『領土内課税方式(テリトリアル方式)』と言い
昔からあった言葉ですが、最近
小国を中心にテリトリアル方式を含めたエストニアの税制を
真似することが多いことから
『エストニア方式の税制を導入』と言われることが多いです。

当然、これらの国には
タックスヘイブン対策税制もないわけです。

ジョージア共和国もエストニア方式が採用されています。
そして、このような国が増えてくることで
この方式が世界のトレンドとなってくると思っています。