Vol.0134:定期預金と何かの組み合わせ

弊社で紹介中のジョージア共和国の銀行口座ですが

参照:ジョージアの銀行口座開設

大きな利点をあげるとしたら、2つだと思っています。

・定期預金の金利を毎月受け取ることができる。

一般的に定期預金の金利は年に1回や
満期の時にと言うのが多いです。毎月金利を受け取れる銀行は
他にはないわけではないですが、珍しい方だと思います。

・定期預金金利が高い

弊社で紹介しているジョージア共和国の銀行はロンドンで上場する
国際的な銀行ですが、それでも金利は高いです。

現地通貨ラリですと
年間で10%を超えますし、アメリカドルであれば3.85%。
日本円ですら年間で1%の金利が付くのです。

これが、北朝鮮の聞いたこともないようなキム銀行となれば
『怪しい』となるわけですが、ロンドンで上場する100年の歴史がある
銀行となれば『別』だと思っています。

『金利が高い』『毎月受け取れる』
この2点を是非、有効活用して頂きたいのですが

例えば
日本円で120万円をラリに両替し
それを定期で組んだ場合『毎月1万円相当のラリ』を受け取れます。

この1万円を何に使いますか?

『家族サービス』
定期預金の金利が入る日は毎月家族ディナーなんてのもいいと思います。

『インフラ料金の支払い』
携帯電話料金の支払い。これもいいと思います。
おそらく多くの方が、給料収入から携帯電話の支払いをしていると思いますが
金利から支払いをすれば、自己負担がない形で携帯電話料金の支払いができ
浮いたお金を定期預金に回せば、また受け取る金利が増えます。

『保険の支払い』
保険料の支払い。これもいいと思います。
多くの方が、何しかしらの保険に入っていると言われていますが
こちらも携帯電話と同じで、多くの方が給料収入から捻出をしているのではないでしょうか?
しかし、金利から支払いをすれば、自己負担がない形で保険料の支払いができ
浮いたお金を定期預金に回せば、また受け取る金利が増えます。

『投資』
株式投資。これもいいと思います。
株式投資はリスクは高いです。投資したお金が半分になってしまうことはザラですし
誰もがそれは避けたいと思っていることだと思います。
しかし、定期預金から溢れ出た金利で投資をするのはどうでしょうか?
年間で12万円相当のラリを受け取り、それを全て株式投資に回すのです。
もちろん失敗をする可能性もありますが、それは金利で投資した
お金なので、元本が減るわけではなくリスクをカバーしやすいです。

ジョージア共和国の銀行はただの起点でしかありません。
口座開設をされた方は、是非有効活用して頂ければと思います。