Vol.0138:ジョージア共和国の平均月収

おそらく『安いんだろうなぁ』と思いつつも
素朴な疑問として
『ジョージア共和国の人達の平均月収っていくらくらいなんだろう?』
思われた方は、このブログの読者には多いのではないでしょうか?

ジョージア国民の月収が安いのは間違いないですが
だいたいどれくらいなのか?と言いますと・・・・

直近のデーターでは

平均月収は首都トビリシで『1200GEL(日本円で5万円くらい)』

が、ジョージア国民のお給料です。
もちろん、平均月収なので
これよりも多くの月収をもらっている人達はたくさんいるわけですが
(弊社で一緒に仕事をしているジョージア国民は間違いなく平均月収よりも高いです。)
それでも、先進国にくらべれば低いことは間違いないです。

しかし、注目すべきデーターではそこではありません。
現時点での平均月収は1200GELほどですが
それが、どのような過程で1200GELになったのかが重要なのです。

つまり、10年前は
12000GELだったのが、減り続け1200GELになったのか?
10年前は、500GELだったのかが増え続け1200GELになったのか?

を知ることで、将来のジョージア共和国を予測するわけです。

そのデーターが下記です。

2008年のジョージア国民の平均月収は『500GEL』ほどでしたので
この10年でジョージア国民の平均月収は2倍以上に成長し、さらに
それは増え続けていると言うのが、今のジョージア共和国です。

過去に『若い世代が貧困に苦しむ国は将来成長はしない』と言う記事を
書かせて頂きました。

参照:Vol.0119:成長国に共通している点
ジョージア共和国は違うのです。
『若い世代の給料が上がり、将来に夢や希望を持っている。』

私達は現地のリアルな声と、客観的なデーターを元に
この国の将来はとても明るい物だと感じています。