Vol.0144:想定される経費をビジネスにしておく

昨日、ジョージア共和国の法人について説明させて頂きましたが

※その記事はこちら

こんな質問を頂きました。
『法人を作ってもビジネスの関係のない経費が想定される。そうすると
法人税15%が発生しますよね?』
と言うような質問なのですが

この方はジョージア法人で不動産を買い
家賃収入は、自身の娯楽費に使いたいと考えたため
不動産のビジネスと関係のない娯楽費は経費にならないと考えたわけです。

この考えは『正解』です。

不動産ビジネスでは代表者の娯楽費は経費になりません。

しかし、それは法人の作り方次第です。
法人のビジネスを不動産に限定にするから不動産ビジネス以外で経費が計上できないのです。

なので、趣味をビジネスにしたらいいわけです。

例えば、レストラン巡りが趣味の方は
法人を作る際に
ビジネスを『不動産投資・管理業務』『飲食店の調査・コンサル・情報発信』
しておけば、レストランの出費は経費として計上できます。

なぜなら、それは飲食店を調査し情報を発信すると言う
立派なビジネスだからです。

ビジネスと関係のない出費は経費にはならないの事実です。
であれば、逆転の発想で『ビジネスにしてしまえばいい』わけです。