Vol.0149: FATFによるマネロンチェック

FATFと言う国際組織をご存知でしょうか?

1 FATFとは
FATF(Financial Action Task Force on Money Laundering:金融活動作業部会)は、マネー・ローンダリング対策における国際協調を推進するために、1989年のアルシュ・サミット経済宣言を受けて設立された政府間会合であり、2001年9月の米国同時多発テロ事件発生以降は、テロ資金供与に関する国際的な対策と協力の推進にも指導的役割を果たしています。(※JAFICより

簡単に言えば、マネロンをチェックする国際機関と言うことなんですが
近年、銀行に対する彼らのチェックが厳しくはなっており
そのことにより銀行もマネロンに関してはかなりピリピリしています。

そして、国際機関のチェックが厳しくなったことの他に
銀行がピリピリするのは『マネロンが見つかった場合の巨額な制裁金』にあります。

※日本経済新聞より

本来マネロンをしたのは銀行ではなく口座保有者なので
銀行も可哀想な話ではありますが『そのチェックを怠った』と言うことで
近年では銀行に巨額の制裁金が課せられるため、銀行は人ごとではいられないわけです。

内容次第では、とんでもない制裁金で
銀行が破綻に追い込まれると言うこともあるからです。

昨日のジョージア共和国の銀行の事件も同じですが
今はかなり銀行がピリピリしている時期ですので
クライアントの皆様はくれぐれも『合理性に欠ける送金』はご注意ください。