Vol.0184: ジョージア共和国、アゼルバイジャンの銀行口座活用方法

弊社でご紹介中の『ジョージア共和国の銀行口座』ですが

口座を開設し、維持するためには
最低限のコストがかかってきます。

それが、下記になります。

口座管理費:1.0GEL /月(12GEL /年間)
インターネット口座管理費:1.5GEL /月(18GEL /年間)
デビットカード管理費:25GEL /年間

口座を維持するためには、年間で55GELはかかってきます。

参照記事
ジョージア共和国の銀行口座のお申し込みページ

1GELは40円くらいですので(2019年5月現在)
日本円では年間で2200円くらいですので、それほど高額な費用ではないですが
もったいないのはもったいないです。

そのため、ジョージアの銀行口座を有効活用するためには
まずは、口座を無料で維持するため用の『定期預金の設定』をしておく必要があります。

ジョージア共和国の定期預金金利はGEL建てですと
年間で10.10%の金利が受け取れます。

なので、55GELの金利を年間で受け取りたければ
その10倍、550GELの定期預金を組んでおけば
実質、無料で口座が維持できることになります。

550GELの定期預金でも問題はありませんが
もう少し余裕を見て、1200GEL(日本円5万円くらい)くらいを
『口座維持費用に定期預金として設定』しといて頂くのがいいと思います。

しかし、これはあくまで口座を維持していくための定期預金の設定なので
これだけでは、口座を使った意味があまりないと思います。

ジョージア共和国の銀行は、現地通貨GELだけではなく
他の通貨の金利も高いです。

例えば

アメリカドルは『3.85%/年間』
ユーロ『1.05%/年間』
英ポンド『2.03%/年間』
日本円『1.05%/年間』

※2019年5月現在の金利

の金利が定期預金でもらえるわけです。
これが、信用度の低い聞いたこともないような『○×△銀行』みたいな銀行ですと
『大丈夫かなぁ?』と思うこともありますが
弊社がサポートしている銀行は『ロンドンで上場する100年の歴史がある銀行』です。
その信用度は申し分がないと思っています。

過去にもブログで書かせて頂いたように
今のジョージア共和国の銀行はアプリで簡単に定期預金の設定が可能なのですが

参照記事
[超重要]ジョージア共和国の銀行の定期預金について(設定編)

オススメしたいのは『定期預金(Term Deposit )』ではなくて
『累積預金(Accumulative deposit )』の方です。

定期預金と累積預金の違いですが

設定した定期預金にいつでも資金を追加できるのが
『累積預金』です。

少し、分かりにくいかもしれませんが
定期預金は一度設定をすると、そこから設定した定期預金に
資金を追加することができません。(新たな定期預金の設定は可能ですが)

累積預金の場合は、それができるのと
それがアプリから可能だと言うことです。

アプリから累積預金に資金を追加する方法は下記です。

参照記事
[超重要]ジョージア共和国の銀行の定期預金について(追加編)

例えばですが
毎月5万円相当のラリ
1200GELを毎月追加していき、それを積立投資にように
追加して、10年継続したとします。

10年間で144,000GELを積み立てる計算になります。

金利の受け取りを毎月にすると、年間の金利は9.25%になるのですが
(2019年5月現在)
受け取った金利は、すぐに累積預金に追加をし複利で積立をしていくわけです。

これを10年間継続すると
144,000GELは237,239GEL
日本円で言えば約950万円まで膨れ上がっている計算になります。

後は、隣国のアゼルバイジャンもジョージア共和国と同じような条件ですので
余裕があれば
『ジョージア共和国の定期預金』『アゼルバイジャンの定期預金』の2本立ては
ありかと思います。





参照記事
アゼルバイジャン銀行口座開設『キャンペーン第2弾!!』

また、ジョージアもアゼルバイジャンも
弊社の仮想通貨をOTCサービスを利用すれば
仮想通貨を利用し、簡単に銀行口座へ入金が可能です。

参照記事
Vol.0156: 300種類以上の仮想通貨を両替できるようになりました