Vol.0205:香港の逃亡犯条例延期

Tag :

一昨日も香港の逃亡犯条例について書かせて頂きましたが

参照:Vol:0203:香港の逃亡犯条例

『香港のデモ活動は一部だけで、他の地域はいつも通りですよ』
『香港のデモ活動は気にすることはない。香港は安全』

と言う声を聞きましたが
弊社が伝えたいのは、そのようなことではないです。

デモがあろうが、なかろうが
そんなことはどうでもいいと思っていますし、重要でもないと考えています。

重要なのは『香港の未来がどこに向かっているのか?』と言うことです。

逃亡犯条例の審議は延期されることになったようですが

参照:Yahoo!ニュースより

どうでしょうか?

過去の中国政府のやり方を見ていると
撤回ではなく延期と言うことであれば
『反対派を1人ずつ身柄拘束していき、反対派がいなくなってから採決』
言う感じではないでしょうか?

これが日本のような選挙ではできないのですが
香港の間接選挙では可能です。

そもそもですが
イギリスは1997年7月1日に香港を中国に返還し
社会主義政策を将来50年(2047年まで)にわたって香港で実施しないことを約束した
はずでしたが、その約束はいったいどこにいったんだ?と言うことです。

それが中国だと言うことです。

だから、弊社は香港に恐怖を感じ不安を感じ
香港、正確に言えば中国ですが
あの場所は危険だと感じています。

香港の方が『将来、香港が想像できない場所になると』と発言しましたが
弊社もその通りだと感じています。