Vol.0378:HSBCは破綻してしまうのか?

category : 香港

欧州のファンド会社の友人との会話で
最近、よく話題になるのが『HSBCの株価』です。

『HSBCの株価、どこまで落ちると思う?』
話題になるのですが、それくらい今のHSBCの株価は
底が見えないです。

下記がHSBCの株価です。

2009年に1株41.45HKDを付けて
2020年2月19日現在で1株57.00HKD。

私と友人の会話は
もっぱら『2009年に付けた41.45HKDを割り込むのか?』です。

その可能性は、香港市場次第だとは思いますが
かなり高い確率で、2009年の安値を割り込むと見ています。

それくらいHSBCの業績がよくないです。

直近のレポートによれば
HSBCは今後3年間で20万人から23万人規模の大規模リストラの行う予定。
2019年の税引前利益が32.9%の減少の$13.35 billion
予測では$19.83 billionでしたので、予測を大きく下回っています。

HSBCの業績不振は
欧州の超低金利による収益悪化もあるのですが
1番大きいのは、独占的な状況にある香港市場の悪化が大きいのです。

最近ですと、コロナウィルスですが
香港デモの影響による、香港からの資金流失が
業績の悪化へと繋がっています。

少なくとも、現時点では破綻がどうこうではないですし
多くの意見は『HSBCは潰せない(巨大ゆえに)』と言うのが
大多数の意見です。

しかし、本当にそうでしょうか?

『HSBCは破綻しない』と言う意見が多い中か
金融マンの間では、もう何年も前から
『HSBC破綻説』が度々言われてきていました。

この状況はすごくリーマンブラザーズの破綻の時と似ています。
リーマンブラザーズも巨大すぎるゆえに『政府の支援が入るはず』でした。
だから、多くの金融マンが『破綻をしない』と思っていました。

しかし、それは大きく裏切られ
リーマンブラザーズは破綻。市場は大パニックとなったわけです。

イギリスが香港を統治していた時代から
現在まで、香港の歴史と一緒に歩んできたHSBC。
ただ、香港は中国に返還され大きく変わってしまいました。

そんな時代の変わり目の時ほど
大きな事件は起こりやすいため、HSBC破綻説も
案外あり得るのかもしれません。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。