Vol.0413:FAOはコロナウイルスで食糧危機を警鐘!

FAOとは?

国際連合食糧農業機関(Food and Agriculture
Organization)は
飢餓の撲滅を世界の食糧生産と分配の改善と生活向上を通して
達成するのを目的とし、国際連合の専門機関の一つです。

主にその活動は先進国と発展途上国の両方で行われ
国際的な農業水産林業に関する政策提言および協議をする際に
各国が公平に話し合えるプラットホームとしての役割も果たしています。
国際連合食糧農業機関(FAO) は、他にも知識と情報を蓄積する
役割も担っており、発展途上国が農業水産林業分野で技術改善を進めて
その結果として発展途上国の一般市民がより栄養価の高い食物を
入手できる手伝いをしています。近年は食糧安全保障を重要課題として掲げ
様々な国際的な調査に基づき、世界各国の農林水産業への勧告などを行ってます。

参照:FAOのHP

コロナウイルスで食糧輸出の禁止へ

世界中にコロナウイルスで広がったことで
各国が自国の食糧を優先させるために
食糧の輸出禁止が広がっています。

輸出制限に動いた国。

・ロシア

・ウクライナ

・カザフスタン

・ベトナム

・セルビア

参照:DW.COMより

FAOはコロナウイルスで食糧危機になると警鐘

国連食糧農業機関(FAO)は
世界的なコロナウイルスの感染が
『迫り来る食糧危機を引き起こす可能性がある』
と警告しています。

現時点では食糧供給の混乱は「最小限」であり
「世界がパニックを起こす必要はない」ことを強調しながら
国連食糧農業機関(FAO)は、世界の食糧システムは
今後数週間にわたって脆弱になる可能性を警告しました。

国連食糧農業機関(FAO)によると
『国境の閉鎖と世界貿易の混乱は
すでに物流のボトルネックを引き起こしており
検疫とその場での避難場所の規制により
農家や食品加工業者は農産物、特に果物や野菜を処理できなくなっています。
肥料や動物用医薬品などの農業資材の不足は、食料生産にさらに影響を与える
可能性があります。これらの要因はすべて、4月と5月に
食品サプライチェーンの混乱を引き起こす可能性があります。』

と、国連食糧農業機関(FAO)のHPで警鐘しています。

※国連食糧農業機関(FAO)のHPより※

まとめ

国連食糧農業機関(FAO)も言うように
現時点では問題は起きていないです。

しかし、事実として輸出制限に動いた国があり
コロナウイルスの問題が長期化すれば
『食糧危機を引き起こす可能性がある』には
その通りだと思います。

その時はもし起きた場合
世界的に食料自給率が低い国は厳しい状況に
追い込まれる可能性もあります。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。