Vol.0414:コロナウイルスは何が事実なんだろうか?

category : 陰謀説

コロナウイルスのフェイクニュースに警鐘!

中国でコロナウイルスが流行した時
いち早くWHO (世界保健機関)は
『インフォデミック』について警告をしていました。
※インフォデミックとはネットで噂やデマも含めて
大量の情報が氾濫し現実社会に影響を及ぼす現象のことです。

そのため、現在WHOのサイトでは
『Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public: Myth busters』
と言うトピックスが立ち上がり、事実を伝えようとしています。

参照:WHOより

何が事実なのか分からない

現地のNYの医師達が『医療パニック』
必死に伝えている動画が下記です。

※動画が表示されていないと言う方はPCブラウザーの画面を最大をしてみてください。

しかし、その一方で『医療パニックは起こしていない』
と言う市民?からの動画が下記です。

※動画が表示されていないと言う方はPCブラウザーの画面を最大をしてみてください。

全く異なる事実を伝える2つの動画
いったい何が事実なのだろうか?

マスメディアも情報を操作する

世界中のマスメディアは『印象操作』と言われるように
情報をうまく切り取り『危機を煽ります』

それはなぜか?

彼らはビジネスなので、数字を取らないといけない。
数字を取るためには『危機を煽った方がいい』からです。

では、個人の動画は違うのか?
と言うと、それも違うわけです。

マスメディアと同じです。

広告収入を得るために『フェイクニュース』を作り出す。

となると、上記の2つの動画は
どっちが正しいのか?となってしまうわけです。

まとめ

世界中のマスメディアがコロナウイルスの危機煽り
世界中の個人がフェイクニュースを発信する。

もちろん、全ての情報が嘘だと言うわけではなくて
それらの情報の中には危機を煽るわけでもなく
ただただ『事実のみ』を伝えている情報もたくさんあるわけです。

しかし、その情報を見つけることが極めて難しい状況にある。
(無象右往の情報が世界中に拡散しているので)

本当に『インフォデミック』とは
このことを指していると感じています。

そして、何が事実なのか?
コロナウイルスに関しては『よく考える必要がある』
思っています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

※動画が表示されていないと言う方はPCブラウザーの画面を最大をしてみてください。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。