Vol.0439:コロナウイルス後、観光客は戻ってくるのか?

コロナウイルスの後、観光客は戻ってくるのか?

コロナウイルス後、観光客は戻ってくるのか?

その答えは『すぐ戻ってくる』と弊社は考えています。

現在、世界中の都市がロックダウンされており
『旅行に行きたくても行けない』と言うストレスは
とてつもなく大きくなっています。

それがようやく行けるようになれば
当然、旅行には行くようになるわけです。

しかし、その一方でこんな声もあります。

・ロックダウンが解除されたからと言って、コロナウイルスが
なくなったわけではないから、心配で旅行にはいかないんじゃない?

・コロナウイルスの余波で、旅行って雰囲気ではない。

など。

私達は、そんなことは
『すぐ忘れてしまい、日常に戻る。それが人間だ』
と思っています。

もちろん、これは弊社の個人的な感想ではありません。
客観的なデーターに基づいて話をしています。

コロナウイルスの後、観光客は戻ってくる根拠は何なのか?

2011年3月11日、日本で
『東日本大震災』が発生しました。

原子力発電所が事故を起こし
放射能汚染が発生したことは多くの人の記憶に残っていると思います。

風評被害が深刻だとも言われたように
多くの外国人旅行客が日本への旅行をキャンセルしました。

2010年、訪日外国人数は860万人。
それが震災があった2011年は620万人と減少をしました。

しかし、これが2012年には840万人。2013年には1040万人と回復をしています。
下記は訪日外国人数の推移です。

 

エジプトでは、2010年以降『アラブの春』と言われる
前例のない大規模反政府デモを主とした騒乱が起きています。

反政府デモが発生する度に、治安の問題が発生し
観光客が激減するのですが、それが落ち着くと
また観光客が訪れるようになるのです。

下記はエジプト外国人旅行客数の推移です。
大きく減少している所が、反政府デモが発生した年です。

 

タイでも2013年末に大規模反政府デモは発生し
日系企業も大きな被害が出たニュースがありました。

その影響は2014年まで続き、2014年の観光客数は
前年よりも減少することになりますが
翌2015年は、回復することになります。

 

これら、世界中で起きたネガティヴニュースで
観光客が落ち込んだ年から翌年どうなったのか?

と言うデーターを元に話をしています。

ネガティヴニュースが発生すると
必要以上に騒ぐ人達が、どの国でも一定数います。

しかし、面白いことにそのような人ほど
すぐ忘れてしまい、元の生活に戻ってしまうのです。

政府の経済支援

ジョージアでも日本でも、世界中
どこも同じですが・・・・

観光業が大きく落ち込むようなことがあると
だいたい、どこの国も税金で経済支援をします。

日本では、コロナウイルスの収束後
「国内に向けた観光需要喚起策」で1兆6794億円の
予算が計上されています。

参照:トラベルボイスより

まとめ

コロナウイルスの自粛で『外出は控えましょう』
言われていても、それでも人は外出をしようとしますよね?

人間はどんな時でも外出をしたいですし
そして『すぐ忘れてしまう生き物』だと弊社は思っています。

先日のテロの記事も同じです。

参照:Vol.0436:新興国の問題は昔の日本も同じ

言われれば『あぁ〜そんなこともあったね』と思い出すのですが
そんなテロがあったことは忘れてしまうのです。

だから平気で『日本はテロもなく安全な国』
『中国と違い、環境破壊をしない国』と言う言葉が出てくるのです。

しかし、これがいけないわけではありません。
人間は『すぐ忘れてしまう生き物』だと言うことです。

だからこそ、コロナの後
観光客は元に戻ると考えています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。