Vol.0503:バトゥミが目指す未来の都市の形

ビジネスの一面を持つバトゥミ

ジョージアの第二の都市バトゥミは
多くの人が『観光の街』だと考えています。

現時点では、それはけして間違ってはいないですが
バトゥミが目指す、都市の形はそうではありません。

バトゥミが目指す、未来の都市の形は
シンガポールのような『ビジネス』『観光』
2つの顔を持つ都市の形です。

ジョージアと言う国は
海に面している場所は、西側しかありません。

海がある国で栄えている都市が
どこにあるのか?想像してみてください。

上海、ニューヨーク、東京・・・・
どの都市も湾岸エリアは栄えているのです。

湾岸エリアは、貿易の拠点であり
貿易の拠点を中心に都市開発をしていった方が
利便性が高いからです。

そして、それはジョージアではバトゥミになります。

バトゥミから黒海を抜け、地中海を通り
その先にある大西洋に出るために、重要な航路の拠点が
『バトゥミ』と言う場所なのです。

大西洋に出れば、その先には
『欧州』『北米』『南米』『アフリカ』
4つの巨大市場があり、この4つの巨大市場を
意識するのであれば、バトゥミがバブとなるのは
ジョージアでは必然な流れではあります。

そして、これは隣国のアゼルバイジャンにも
大きく関係してきます。

近年、大きく経済成長をしているアゼルバイジャンですが
アゼルバイジャンが『欧州』『北米』『南米』『アフリカ』
に出ていくためには、ジョージアとアゼルバイジャンを繋ぐ
鉄道でバトゥミに入り、バトゥミから黒海を抜けていくルートが
もっとも効率がいいのです。

観光のウェイトが大きい現在のバトゥミを
『貿易のハブ』として強化させることで
『ビジネス』『観光』の2面性を持つ都市に成長させるのが
バトゥミの未来の都市の形になってきます。

インフラの強化

バトゥミをビジネス都市として強化させるには
『インフラ投資』はもっとも重要課題となってきます。

現在、トルコ、ジョージア、アゼルバイジャン
には、3カ国をまたぐ鉄道が走っており
この鉄道で、バトゥミとジョージアの首都トビリシは
繋がっています。

そこに、今年
トビリシとバトゥミを繋ぐ、高速道路も完成し
陸路はより一層強化されます。

また、バトゥミの中心街から車でわずか10分と
好立地にある『バトゥミ国際空港』
拡張プロジェクトが進行しており
2021年12月までに、現在の規模の2倍になり
年間で120万人を受け入れらるまでに拡大します。

また、それに伴い
欧州やアジアへの直行便を強化し
多くの都市が直接、バトゥミにアクセスできるようになります。

ワールドトレードセンターが進出する意味

すでにオンラインサロンメンバーにはご紹介をさせて
頂いている『ワールドトレードセンター(以下WTC)』
巨大不動産プロジェクト。

この巨大プロジェクトには
カジノ、5つ星ホテルの他、ショッピングモールに
『展示場』などが入り、まさにシンガポールにある
マリナーベイサンズのような施設になります。

世界の主要都市で展開するWTC。
なぜ、WTCはジョージアの首都ではなく
バトゥミだったのか?

それはバトゥミが観光中心から『ビジネス都市』へと
変貌をしようとしていたから他ならないからです。

このバトゥミのWTCでは展示場も建設される予定で
WTC絡みの展示会が年間で20本から30本行われる予定です。

1つの展示会の平均開催日数の3日から4日。
この間、世界中の多くのゲストがバトゥミにあるWTCに
訪れることになります。

それは観光だけに焦点を当てた不動産プロジェクトではなく
『ビジネス都市』として注目した先にある答えが
この『バトゥミWTC』だったわけです。

税制の優遇

ジョージア政府はジョージアを
投資、通信、輸送、物流、観光、そして金融のハブにする
ためには『どのような政策がいいのか?』と言うことを
常に考え続けなければならないと考えています。

そして、バトゥミにおいては海事(海上の事柄に関すること)会社や
輸出をする会社において、特区を設け
税制の優遇や政府の支援をすることが現在
検討されています。

まとめ

投資をする時には、3つのことを見ないといけません。

・過去はどうだったのか?
・今はどうなのか?
・未来はどうなっているのか?

と言うことです。

もし、バトゥミで不動産投資をする際に
今のバトゥミを見て『観光都市』としてでしか
語れないアドバイザーがいれば、それは『無知』としか
言わざるえないです。

バトゥミは5年後、今とは全く違う
街の形になっているのは明らかです。

観光客が街でショッピングを楽しみ
海で家族と遊ぶ横で
国際フォーラムが開催され、多くのビジネスマンが
商談を交わす。

海外にサービスや製品を輸出したい企業は
バトゥミに集まり、ビジネスを拡大させていく。

企業が集まれば、人が集まり
人が集まれば、サービス業が活性化する。

そんな都市がバトゥミなのです。

ちなみに、バトゥミのWTCは金利ゼロで
4年の分割支払いが可能になっています。

4年間の分割支払いの先に、ビジネス都市として生まれ変わっている
バトゥミがどんな都市になっているのか?
弊社はとてもワクワクしています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。