Vol.0528:ジョージアの不動産を金利で支払うリスクはどこにあるのか?

頂いた質問の内容

こんな質問を頂きました。
『ジョージアの銀行に15万ドルを移動させ
定期預金を組み、金利で不動産の分割支払いをしたいと考えているが
どう思いますか?』と。

この投資家は、最近
ジョージアで不動産を購入し
その不動産の分割支払い(金利なし)が4年間あり
年間で支払う分割代金は14000USDほどです。

つまり、15万ドルをラリに両替し
定期預金を組んだ場合
年間で15000USD相当のラリを受け取れるため
(金利が年間で10%のため。)
『15万ドルをラリに両替して定期預金を
組めば、実質無料で不動産が手に入るんじゃない?』
と考えたわけです。

この方法が『ダメなわけではない』です。
しかし、リスクはあるのでそのリスクを
許容できるのか?は考えておく必要があります。

為替変動をどう考えるか?

ジョージアの不動産の支払いは『USD』です。
定期預金は『ラリ』で金利の受け取りも『ラリ』です。

つまり、不動産の支払いと金利の受け取る方法の間には
『為替』があり、そして為替は『変動』をすると言うことです。

為替が変動しない。
もしくは、為替がドル安ラリ高に向かうのであれば
上記の方法は全く問題がありません。

しかし、為替がドル高ラリ安に向かうのであれば
上記の方法は成立がしないため
その『リスクを許容できるのか?』
考えておく必要があります。

為替を分析してみる

定期預金の金利が年間で10%と言うことは
4年間で金利は40%受け取ることができると言うことになります。

その40%が、いわゆる不動産の分割代金の総額にあたるわけですが

つまり、為替が40%変動したとしても
まだプラスマイナスゼロの状態は作れると言うことです。

しかし、40%以上の変動だと
為替で損失が出てくるため、それを補填するお金が必要です。

最優先すべきことは何なのか?
を考えた時に
それは『不動産の分割支払い』となります。
不動産の分割代金を支払えなければ
不動産は手に入らないため。

そして、為替は変動するため
為替は最悪の方向へ動いたと想定しておくべきです。
リスクに備えるために。

その際に、別の所からお金を持ってきて
不動産の分割代金を支払えるのか?

それが支払えるのであれば
この方法は『あり』となります。

まとめ

上記の方法で、不動産の分割代金を支払うのも
支払わないのも、どちらも正解です。

どっちが正解か?はありません。

これは『投資家の好み』の問題です。

『私は絶対に損はしたくない』と考えるのであれば
上記の方法はするべきではありません。

しかし『上記の方法で不動産代金を支払う場合
うまくいけば、実質無料で不動産が手に入るかもしれない。
しかし、それにはリスクもある』
分かった上で、上記の方法を行うのであれば
これも正解です。

あとは、勝算はどの程度あるのか?です。

弊社のこの方法がうまくいく可能性は70%程度と見ており
30%は、為替損失が発生する可能性があると考えています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。