Vol.0587:死亡保険のJoint Life First Death

category : 保険

Joint Life First Deathとは?

死亡保険のプランの中に
『Joint Life First Death』と言う言葉があります。

これはどのような意味なのか?

夫婦で1つの死亡保険に加入し
どちらかが死亡すれば保険金が支払わられると
言う保険です。

契約する保険は1つなので
保険料を節約できるわけですが
『Joint Life First Death』
の保険を契約すると、どのようなメリットがあるのか?
また、これはどのような人が契約すべき保険なのか?

Joint Life First Deathを契約するメリット

例えば、こんなケースの家族の場合

お父さん(サラリーマン)
お母さん(専業主婦)
子供×2人

お父さんに『何かあった時のために』
と言うことで、死亡保険を契約する人も多いですが

実際のケースとしては
『お母さん』が死亡した場合でも
お父さんへの負担は大きくなってきます。

例えば、まだ子供が小さかった場合
子供の面倒を見るのを優先させるために
仕事を転職せざる得なく、そのことで収入が
大きく下がることがあれば
お母さんがなくなった時、死亡保険金は
大きな助けになると思います。

しかし、かと言って
お父さんとお母さんの両方で
死亡保険を契約していれば
保険料も2倍になってしまい
もったいないわけです。

そこで、便利なのが
『Joint Life First Death』
契約する死亡保険です。

保険の対象となるのは
『お父さん』『お母さん』

しかし、保険金が支払われるのは
『どちらかが死亡した時のみ』なので
毎月支払う保険料は1人分でいいのです。

まとめ

少しの前の記事でも書かせて頂きましたが

参照:Vol.0585:ジョージアの定期預金×死亡保険=コスパが良い!!

基本的には資産があれば
『死亡保険』は不要なので
可能な限り『節約』をし、かつ家族には
大きなお金を残せれるような
『コストパフォーマンス』は意識すべきです。

そして、前項でも書かせて頂いたように
仮にお母さんが専業主婦であったとしても
子供の状況次第では『お父さんが仕事を変えないといけない状況』
になる可能性もあり
その時に、入ってくる保険金は残された家族にとって
大きな助けになると思います。

そして、それを可能にする
コストパフォーマンスが良い保険が
『Joint Life First Death』となってくるわけです。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。