Vol.0636:急速に法整備されていくウクライナ市場

category : ウクライナ

ウクライナとは?

ウクライナと言えば
多くの方の記憶に残っているのが
2014年に起きた『ロシアによるクリミアの併合事件』ではないでしょうか?

ウクライナの国の形は
ジョージアやアゼルバイジャン、エストニアなどと同じで
元々は『旧ソ連』の国々の1つでした。

1991年のソ連崩壊に伴いウクライナが独立してから
2014年まで、ウクライナがジョージアなどの国々と異なったのが

最終的にロシア側の国になるのか?
それとも欧州と足並みをそろえるのか?

はっきりしないまま、国家運営がされてきたことです。

そして2014年、事件が起きます。
ウクライナ政府は欧米とより密接な関係を築くと表明したのです。

これにより、ロシアは敵扱いされたことに怒り
クリミア併合で応じ、ウクライナ東部の武装勢力を支援したのです。

そして、この『ロシアによるクリミアの併合事件』による
死者は13万人以上に達したとも言われ
悲惨な事件となってしまったのです。

その後のウクライナは長く経済が低迷をし
貧困層も拡大していくことになるのですが

それがここに来て、ウクライナの状況が
少しずつではありますが、変わってきています。

法整備されていくウクライナ市場

昨年、ウクライナではカジノ法案が成立しましたが

参照:Vol.0593:ウクライナでカジノ法案が成立

今年は仮想通貨が法整備されそうです。
今、ウクライナ政府は仮想通貨の法整備を準備しており

カジノ同様、政府としては
法整備を進めることで、海外から投資マネーを呼び込もうとしています。

ウクライナの状況はけして良くないです。
貧困層の拡大。人口流失。治安の悪化。

様々なことを法整備したからと言って
すぐに海外から資本が入り、経済が立ち直ると言う物ではありませんが
このまま手を打たなければ、国家が国家として成立しなくなってしまうような
状況にあることも確かなので、政策としては面白いと思っています。

まとめ

ウクライナはどっちにも大きく振れる可能性が
ある国だと思っています。

このまま、貧困と人口流失が止まらない国になってしまうのか?
ジョージアやエストニアのように、外から人と資本を呼び込み
国を立て直すことができるのか?

どっちになるか?は正直、予測は難しいですが
それでも私達は、ウクライナに可能性は感じています。

ゆえに、ウクライナは昨年から準備は進めており
実は先日、実験で行っていた銀行口座が1つオープンしました。
(郵送のみで開設しました)

ただ、少し問題もあったので
再度、調整をしている段階なので
ご紹介はもう少し先のお話になると思いますが。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。