Vol.0641:富士山大爆発と言う巨大リスク

category : 日本

富士山が大爆発をしたらどうなるか?

先日、インドネシアでも大規模な噴火がありましたが
『火山の噴火』と言うのは
いくつかある自然災害の中でも
『最高レベルに高いリスク』と言ってもいいと思います。

富士山も噴火をする可能性はあるわけですが
実際、富士山が噴火するとどうなるのか?
と言うと

富士山から溢れ出たマグマが東京にまで来る
と言うことはなくても

偏西風の関係で
大量の火山灰が東京まで来ることになるでしょう。

火山灰が東京に降り注いだ場合、どうなるか?

東京の電車はストップしてしまい交通網はマヒ。
電波塔にも火山灰が積もり、携帯電話などが電波障害に。

噴火が数日で終息するものなのか?
それとも、長期間噴火活動が続くのか?

により、変わってきますが
長期間噴火活動が続くのであれば
東京の経済活動は完全にマヒすることになります。

富士山は定期的に噴火をしている

富士山は日本最大の活火山と言われており
噴火を繰り返すことで、現在の山頂の高さになっています。

富士山の断面は、下記の絵のように
過去の噴火の上に新しい噴火が起こり
山頂が盛り上がってきたのです。

記録が残っている過去の噴火は
以下の通り。

◆781年:噴火
◆800年~802年:大規模噴火
◆864年~866年:貞観大噴火
◆937年:噴火
◆999年:噴火
◆1033年:噴火
◆1083年:噴火
◆1435年:噴火
◆1511年:噴火
◆1707年:宝永大噴火

大規模で長期間噴火をしていたのが
『800年~802年』『864年~866年』

その後、850年近く
小規模な噴火はあるものの、大規模な噴火はなく
『1707年』に再び、大規模な噴火。

そして、現在まで300年以上
富士山では、大規模どころか、小規模な噴火する
起きておらず、富士山の内部は
今、どうなっているのか?

とんでもない量のマグマが貯まっているのではないか?
とも、言われているわけです。

まとめ

富士山の大噴火と言う巨大リスク
自分が生きている間に起こる可能性が
どれくらいあるのか?と言うことを考えた場合

その可能性は、0.00……1%
みたいな数字になってくると思います。

すでに300年以上、噴火をしていないから
『いつ噴火してもおかしくない』と言えば
その通りなんですが

ただ、過去の噴火は規則正しいわけでもないので
これから先、400年、600年噴火しない可能性も
明日には噴火する可能性もあるわけです。

そんなのは、予知能力者でない限り
予測などは不可能です。

なので、予測不可能と言うことと
起こる可能性を考えれば
『起こるリスクとして排除してもいい』と言う考え方も
あるとは思いますし、実際には
東京にある多くの企業は、富士山の大噴火を
リスクとして組み込んでいません。

しかし、私達は『富士山の噴火』はリスクとして
ポートフォリオ上に組み込んでおくべきだと思っています。

起こる可能性は極めて低いが
起こればとんでもないリスクになると言うことを
金融業界では『テールリスク』と表現します。

『富士山の噴火』は、まさに『テールリスク』なのです。

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
セカンドパスポート勉強会(2021年1月追加)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。