Vol.0644:セカンドパスポートを取得する際に注目するポイント

セカンドパスポートを取得する目的は?

多くの方は、セカンドパスポートを取得する際に
目的とする理由は『税金対策』です。

お金を出せば『セカンドパスポートを取得できる』
言う国は、だいたいの国が税金が安かったり
0%だったりします。

特に

・所得税
・相続税
・投資の利益

この3つの税に関しては、だいだい0%です。

なので、これを目的とする投資家は多いですが
実は、投資家が注目するのは何も『税金』だけではなく
もう1つ『注目をする物』があるです。

ビザなしでいける国の数

セカンドパスポートを取得すると言うことは
そのパスポートを使い『様々な国へ入国することができる』
言うことです。

そしてそれは、国と国との間で『どのように入国させるか?』
と言うことが取り決めをされており

・パスポートのみで〇〇日までOK

とか

・入国にはビザが必要です。

と言う風になっているわけです。

そして理想は『パスポートのみで入国OK』です。
いちいち、入国する度にビザを申請していては
正直、めんどくさいので。

なので、セカンドパスポートを取得する投資家は
『税金』以外にも
『ビザが免除されている国が何ヵ国あるのか?』
と言うことを注目するのです。

そして、これは結構重要な要素にもなります。

ビザ免除の国の数は?

弊社がサポートしている国では

【St.Kitts & Nevis】
ビザ免除の国の数が145ヵ国

【Grenada】
ビザ免除の国の数が140ヵ国

【Antigua & Barbuda】
ビザ免除の国の数が135ヵ国

【Dominica】
ビザ免除の国の数が100ヵ国

【Saint Lucia】
ビザ免除の国の数が135ヵ国

となっています。

おおよそ、上記の5ヵ国は
欧州、東南アジア、南米はだいだいの国でビザ免除で
アメリカ、中国、日本はビザ免除になっていません。

まとめ

どの国がビザ免除なのか?は国によって違うわけですが
パスポートを複数持つ『強者』になってくると

『〇〇の国へは〇〇のパスポートで入国』

と、主要な国のビザ免除をほぼ網羅しており
色々な国を自由に行き来するわけです。

元日産のCEOゴーン氏のように。
(ゴーン氏が国外逃亡できないように検察はパスポートを
押収していたのですが、検察も把握していないパスポートで
国外へ逃げられてしまいました。しかし、これは仕方ないです。
1国の検察が、世界中のパスポート情報を把握しているのであれば
それはアメリカのCIAを超える、世界最強のスパイ機関になります。)

あまりに注目はされない部分ではありますが
セカンドパスポートを取得する際に
ビザ免除の国の数は重要な要素となります。

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
セカンドパスポート勉強会(2021年1月追加)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。