Vol.0702:海外銀行口座に求められる必要要素

海外銀行の定義

当たり前の話ではありますが
『海外銀行』の定義は、見る人によって変わってきます。

例えば、アメリカの銀行で

アメリカに住む、アメリカ人からすれば
その銀行は『国内銀行』と言う見方になりますし

日本に住む、日本人からすれば
同じ銀行であったとしても『海外銀行』と言う見方になります。

つまり、海外銀行の口座を持つと言うことは
自分が住んでいない場所の、遠く離れた所で
営業活動をしている『銀行口座』を持つ言う意味になってきます。

海外銀行の最大のネック

自分が住んでいない場所の、遠く離れた銀行と
言うことを考えた場合、近くに『営業店舗がない』
と言うことになってきます。

そこで1つ問題になってくるのが
『現金をどうするのか?』と言う問題です。

財布の中に入っているお札などは
『アナログの現金』であり

銀行口座の中にお金を入れると言うことは
『デジタルの現金』になると言うことを意味します。

国内の銀行であれば
『アナログの現金』『デジタルの現金』に。
にする方法がいくつかあります。

それは、営業店舗に行くと言う方法や
ATMを利用すると言う方法です。

しかし、海外銀行となってくると
居住地域に営業店舗やATMがないため
『アナログの現金』『デジタルの現金』
と言うことは難しく

『デジタルの現金』を送金して
海外銀行の口座に入金すると言う方法しかなくなるわけです。
(デビットカードを発行している銀行であれば
現金の引き出しだけであれば可能ですが)

まとめ

海外銀行は
デビットカードを使い、現金を引き出す方法はありますが
何かしらの制限は入るため(上限金額など)

海外銀行口座に求められる必要要素は
『オンラインアカウントから自由に海外送金ができるのか?』
と言うことが重要になってくると思います。

基本的には
『デジタルの現金』をデジタルで送金をしていかないといけないと
言うことを考えた場合
『オンラインアカウントから自由に海外送金ができない』
となっただけで、その銀行口座は極端に使いにくくなってしまいます。

だからこそ『オンラインアカウントから自由に海外送金ができる』
と言う要素はとても重要なのです。

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

ウクライナ銀行口座開設の勉強会(2021年3月23日)の勉強会のお知らせ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナ銀行口座開設の勉強会(2021年4月03日)
※※※※※※※※※※※※※※※※※

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。