Vol.0773: ジョージアへの入国要件(2021年6月現在)

観光再開のメド

世界中でワクチン接種が始まったことで
世界中の観光業界では
『海外旅行の再開はいつか?』
ザワザワし出してきています。

もちろん、それはジョージアも同じです。

コロナ前までは、人口400万人にも満たない小国に
年間で900万人もの観光客が海外から訪れ
それが年間で10%から20%、毎年増加していたのです。

そして、コロナがなければ
『2022年に年間で1500万人』と言う目標があったので
ジョージアの観光業界が
『海外旅行の再開はいつか?』と気にしないわけがありません。

本題に入る前にお知らせです。

今一押しのエジプト不動産投資のブログ記事は下記。

参照:Vol.0717:エジプトのGDPは世界第7位へ!!

参照:Vol.0718:最悪の危機を脱したからこそ、今がチャンス!!【エジプト投資】

※※※勉強会のご案内※※※

ウクライナ銀行口座開設の勉強会【2021年06月26日(土)】

エジプト & ジョージアの不動産投資勉強会【2021年6月27日(日)】

※※※※※※※※※※※※※※※

 

※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※
ナイジェリア証券口座で必要なBVN登録会のお知らせ
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

ジョージアへの入国要件

現在(2021年6月現在)、ジョージアへの入国要件は下記の通りです。

【ワクチン接種済みの場合】
予防接種を接種済みの方は
一切の条件なくジョージアに入ることができます。
入国時、ワクチンの全コース
(2回接種、ジョンソン&ジョンソンワクチンの場合は1回接種)
を接種したことを証明する書類を提出する必要があります。

【ワクチン未接種の場合】

ジョージアが入国を許可している国は下記の通り。

・European Union Member States
・Albania
・Andorra
・Armenia
・Azerbaijan,
・Bahrein
・Belarus
・Bosnia and Herzegovina
・Canada
・Iceland
・Israel
・Japan
・Kazakhstan
・Korea
・Kuwait
・Kyrgyzstan
・Liechtenstein
・Moldova
・Monaco
・Montenegro
・Northern Macedonia
・Norway
・Oman
・Qatar
・Russian
・San Marino
・Saudi Arabia
・Serbia
・Swiss
・Tajikistan
・The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland,
・Turkey
・Turkmenistan
・Ukraine
・United Arab Emirates
・United States of America
・Uzbekistan

また、入国時
下記の条件があります。

※条件1:入国前72時間以内に実施されたPCR検査で
陰性結果を国境検問所に提出しなければなりません。
さらに滞在3日目には再度自己負担でPCR検査を受ける義務があります。

※条件2:入国前に電子フォームに回答する必要があります。
このフォームには、過去14日間の旅行履歴
連絡先情報(住所や電話番号など)などを記載する必要があります。

※条件3:過去14日間にインドへの旅行歴がある場合
自己負担で14日間の検疫期間の対象となります。
(※この場合、滞在3日目のPCR検査は免除されます。)

PCRテストの結果は、ジョージア語、英語、またはロシア語で提出する必要があります。

まとめ

簡単に言えば
ワクチンが未接種の場合
『入国はできるけど、かなりめんどくさい』

ワクチンを接種済みの場合
『コロナ前と同じく、簡単に入国できる』

と言うことです。

これは、ジョージアだけではなく
しばらくは、世界中
どこの国も同じような状況になってくると見ています。

仕方ないと言えば、仕方ない対応ですが
観光再開も、そなんに遠い未来ではないと見ています。

来年には、海外旅行に行ける国も増え
再来年には、コロナ前同様
色々な国に行けると見ています。

マスクの時と同じですね。

世界中でマスクが不足し
多くの店で、マスクを求め行列ができ
中国がマスク外交を世界中で展開していましたが

1年経ち、どうなったか?と言えば
今では、当たり前のようにマスクを買うことができます。

ワクチンも同じだと見ています。
今は、供給が不足しているので
ワクチンを求めている国が多いですし
そこに中国がワクチン外交をしていますが

マスク同等、この状況は1年で改善されると思います。
当たり前のようにワクチンを接種でき
当たり前のように海外旅行に行ける日が
近づいていると思っています。

 

◆Beograd Consulting Groupの不動産チームが
世界中の不動産情報をnoteに書いています。
Beograd Consulting Group公式noteは
こちら→https://note.com/b_c_g

◆Beograd Consulting Groupの公式LINE(最新情報が毎日届く)
の登録はもう済んでいますか??
公式LINEはこちら→https://beograd-consulting.com/line/

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。