Vol.0776: 中国政府に逆らえば簡単に資産が凍結される。『リンゴ日報廃刊』

category : 香港

リンゴ日報の廃刊

民主派の象徴とも言える
香港の『リンゴ日報』が廃刊を迎えました。

引用:CNN.co.jpより

香港の民主派紙「リンゴ日報」を運営する「壱伝媒(ネクストデジタル)」は
23日、24日付の新聞を最後に廃刊すると発表した。
記者が逮捕され資産が凍結されるなど、事業継続が不可能な
環境になったことを理由に挙げている。デジタル版も同日に運営が終了する

本題に入る前にお知らせです。

今一押しのエジプト不動産投資のブログ記事は下記。

参照:Vol.0717:エジプトのGDPは世界第7位へ!!

参照:Vol.0718:最悪の危機を脱したからこそ、今がチャンス!!【エジプト投資】

※※※勉強会のご案内※※※

エジプト & ジョージアの不動産投資勉強会【2021年6月27日(日)】

※※※※※※※※※※※※※※※

 

※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※
ナイジェリア証券口座で必要なBVN登録会のお知らせ
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

気になるのは世界の温度が下がってきていること

『リンゴ日報』が廃刊になったことで
香港の『言論の自由』が完全に消えたと
言ってもいいと思います。

気になるのが、これに対して
あまり世界の関心がないように思えることです。

このことが世界中で報道はされているものの
世界各国の対応は?と言うと
『抗議の声明を出す国』はあったものの
経済制裁と言うような対応には出ていないです。

私達の印象としては
『中国政府は上手かったな』と言う印象です。

このコロナ禍の中で、世界が自国の対応で手一杯なのを
いいことに、香港の『国家安全法』から始まり
民主派の議員や活動家、メディアなど
一気に排除をし、香港を瞬く間に中国化させました。

この圧倒的なスピードに、各国が
『もう、あそこは無理だろう』
思わせたことが、この対応になっていると感じています。

まとめ

香港の自由がなくなったことで
多くの民間企業や人が、香港から脱出をしていますが

コロナ前の何年も前から、ずっと言ってきたことですが

香港を香港と言う独立した国と見るのか?
香港は中国の一都市にすぎないと見るのか?

だと思っています。

中国政府は信用できる政府なのか?
と言えば、多くの人が『信用できない』と答えるでしょう。

で、あれば『香港も信用すべきではない』のです。

どう考えたって、香港は中国の一都市でしかないわけですし
それを甘くみて信用していた人達が
今ようやく『やっぱり信用できる国ではなかった』
脱出を始めているのだと思っています。

 

◆Beograd Consulting Groupの不動産チームが
世界中の不動産情報をnoteに書いています。
Beograd Consulting Group公式noteは
こちら→https://note.com/b_c_g

◆Beograd Consulting Groupの公式LINE(最新情報が毎日届く)
の登録はもう済んでいますか??
公式LINEはこちら→https://beograd-consulting.com/line/

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。