Vol.0795:仕事ができる女性ほど未婚率が高くなる!?

女性が社会的に成功すればするほど結婚相手がいなくなる

面白い記事がありました。

ハイパーガミーは上昇婚のことで、身分の低い女が上流階級の男と結婚する「玉の輿」が典型ですが、身分のちがいがなくなった現代社会では、自分よりも学歴、収入、社会的地位の高い相手に魅かれることをいいます。

洋の東西を問わず、女性には強いハイパーガミーの傾向があることが知られています。アメリカでは、女性は男性の約2倍、相手に経済的な余裕があることを重視しています。日本でも、20代で年収600万円以上の男性はほぼ全員に交際経験がありますが、年収200万円未満では半分程度です。

欧米の婚活サイトのデータを分析すると、女性が自分より高い学歴の男性を好む傾向も見て取れます。女性が修士号をもつ男性のプロフィールに「いいね!」を押す割合は、学士号の男性より91%(約2倍)も多いのです。

ここで問題なのは、アメリカでは1990年代以降、大学進学率と大学修了率の両方で女性が男性を上回っていることです。1960年には、4年制大学を卒業した女性1人に対して男性は1.6人でした。2003年にはこれが逆転して、男性の大学卒業者1人に対して女性が1.35人になりました。2013年には、25歳から29歳の女性の37%が学士号以上を、12%が大学院や専門職の学位を取得しているのに対し、同年代の男性は30%と8%で、その結果、20代では女性の平均収入が男性を超えました。

女性の社会的地位がこれまで低かったことを思えば素晴らしいことですが、ハイパーガミーの傾向と組み合わせると事態は不穏な様相を帯びることになります。女性が社会的・経済的に成功すればするほど、(自分よりも「上位」の男性が少なくなるので)選択できる相手が少なくなるのです。

アメリカでは2012年、大学教育を受けた未婚の若年女性100人に対して、学士以上の若年男性は88人しかいませんでした(大学院卒では女性100人に対し男性77人)。この傾向が続くと、2020年から39年の間に、同等の高等教育を受けた男性のパートナーがいない女性は、なんと4510万人になると予想されます。

さらに、1960年には若年未婚女性100人に対して働いている若い男性は139人いましたが、男性の就業率が低下してきたことで、2012年には未婚女性100人に対し就業男性は91人しかいなくなりました。こうして、「高学歴でキャリア志向の若い女性の多くが、孤独な未来を歩むことになる」という不吉な予測が避けられなくなったのです。「2030年までに、25歳から44歳の働く女性の45%が独身で子供がいない状態になる」のです

アメリカでは、34人の高学歴女性に対し、ハイパーガミーを満足させる「高収入、高身長、腹筋割れ」の理想の男は1人しかいないとされます。逆にいうと、(男女同数として)97%の男は恋愛の選択肢から外されています。

徹底的に自由化された恋愛市場では、少数の成功した男が多くの女に望まれる一方、多くの男が性愛から排除されてしまいます。これはアメリカのデータですが、日本もいずれ同じことになるのでしょう(あるいは、もうそうなっているのかも)。
橘玲×ZAI ONLINEより

本題に入る前にお知らせです。

今一押しのエジプト不動産投資のブログ記事は下記。

参照:Vol.0717:エジプトのGDPは世界第7位へ!!

参照:Vol.0718:最悪の危機を脱したからこそ、今がチャンス!!【エジプト投資】

※※※勉強会のご案内※※※

ナイジェリア株式投資勉強会【オンラインサロンメンバー限定】

エジプト不動産投資勉強会【2021年8月7日(土)15:00~16:00】

【勉強会のアーカイブについて】

※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

先進国を中心に未婚率の増加!

上記の記事は『高学歴の女性』を中心に調査をしたものでしたが
もう少し幅広く見ても『世界的に結婚をする人の数』と言うのは
年々低下しています。

そのデーターが下記です。

参照:Our World in Dataより

結婚をする人が少ないと言うことは
『子供を産む夫婦の数が少ない』と言うことになり
それは『少子化』と言う問題に直面してきます。

そしてこの問題は、ある特定の国だけの問題ではなく
先進国全体で起きている共通の問題であり

現時点で新興国の国も
例外なく、経済成長をする過程の中で
『未婚率が増加していく』と言うことです。

つまり、ナイジェリアもエジプトも
向こう30年(2050年くらい)までは、人口は増加していきますが
(これは死亡率の低下が主な要因です。)
その後は、他の先進国同様
未婚率が増加し、人口増加が頭打ちになると
考えています。

まとめ

私達は、世界中の会社とやりとりをさせて頂いていますが
仕事をバリバリしている女性、日本風に言えば
『バリキャリ女子』と言うような人達は、未婚であることが
多いような印象があります。

個人的な感想として

動物の世界で『メスが強いオスに惹かれる』と言うことや
アメリカの高学歴女性が恋愛対象なる男性が少ないと言うことは

女性(動物のメスを含む)は『能力が高い人(強い人)』
本能的に惚れるような仕組み(DNA)になっているのかなぁ?とも思っています。

『男性だから』『女性だから』と言う理由で
給料に差がついたり、仕事が選べない時代ではなくなったことで
(まだまだ遅れている国もありますが)
社会的な仕組み(能力ではなく)で『男性が上に立つ』と言うことは
なくなり、仕事ができる女性や活躍する女性も増えました。

そんな素晴らしい女性よりも、能力が高い男性が少なくなり
恋愛の対象にもならないのであれば、結婚をする人は増加しません。

他にも、教育費の問題。
『1人が幸せ』と言う、価値観の多様化。

などなど、色々な理由で
今後もさらに全世界で未婚率が増加をしていくのは
間違いないと思っています。

そして、その変化に投資も合わせていく必要がある感じています。

 

◆Beograd Consulting Groupの不動産チームが
世界中の不動産情報をnoteに書いています。
Beograd Consulting Group公式noteは
こちら→https://note.com/b_c_g

◆Beograd Consulting Groupの公式LINE(最新情報が毎日届く)
の登録はもう済んでいますか??
公式LINEはこちら→https://beograd-consulting.com/line/

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。