Vol.0824:エジプト新首都に続々誕生するメガモール

世界1のメガモール

エジプトの新首都の開発面積は700k㎡です。
この面積は東京の23区よりも広く
それをゼロから開発しているとなれば
その規模がいかに大きいのか!?と言うことを想像するのは
それほど難しい話ではないと思います。

東京の23区内には
いくつものショッピングモールが存在するように
新首都にも、今後
多くのショッピングモールが誕生します。

その中には『世界1のショッピングモールの称号』
ドバイと競うことになると言われている
『超メガモール』と呼ばれる『アヌビスメガモール』の計画もあります。

本題に入る前にお知らせです。

今一押しのエジプト不動産投資のブログ記事は下記。

参照:Vol.0717:エジプトのGDPは世界第7位へ!!

参照:Vol.0718:最悪の危機を脱したからこそ、今がチャンス!!【エジプト投資】

参照:Vol.0806:ランボルギーニの特別な部屋

※※※勉強会のご案内※※※

ナイジェリア株式投資勉強会【オンラインサロンメンバー限定】

【勉強会のアーカイブについて】

※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

R7のエリアにもいくつもオープンするショッピングモール

今、もっとも人気のある
エジプトの新首都の物件と言えばランボルギーニの物件なのですが
そのランボルギーニの物件があるのが『R7地区』と言われるエリアです。

このR7にもいくつもショッピングモールが誕生します。

それが下記です。

まとめ

新首都の全てのエリアがオープンするのが
2030年と言うことを考えると、まだまだエリアの大半が
砂漠なのですが、それでも工事はちゃくちゃくと進行しています。
下記の写真を見てください。

砂漠のど真ん中に
突如『恐ろしいほどキレイな街が出現した』
みたいな状況になっていますが、これが新首都の現状です。

しかし、これがあと9年もすると
この場所に、世界最先端の街が誕生するので
そこに投資をしている立場としてはワクワクしますね。

大きなショッピングモールが近くにある住宅エリアは
世界共通で、どこも人気があります。

個人的には真横にあると考えてしまうかもしれませんが
(うるさそうなので)
やはり、ショッピングモールが近くにあった方が
生活が便利なので、近くにあるのが良いですね。

 

◆Beograd Consulting Groupの不動産チームが
世界中の不動産情報をnoteに書いています。
Beograd Consulting Group公式noteは
こちら→https://note.com/b_c_g

◆Beograd Consulting Groupの公式LINE(最新情報が毎日届く)
の登録はもう済んでいますか??
公式LINEはこちら→https://beograd-consulting.com/line/

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! Instagram公式アカウント開設!ジョージアの素敵な風景を中心にアップしていますので、ご興味のある方はフォローをお願いします。