Vol.0913:ロシアVSジョージア、ウクラナイでロシアの意図を正しく理解しないといけない!

お知らせ

本題に入る前にお知らせです。

重要】:2021年クリスマス休暇のお知らせ
クリスマス休暇については※こちら

今一押しのエジプト不動産投資の
まとめ記事はこちら

※※※※※※※※※※※※※※
Vol.0897:投資は、1970年代の日本を見つけろ!!!

エジプト不動産投資まとめ

エジプト不動産視察ツアーについて(2022年3月)

※※※※※※※※※※※※※※

 

※※※勉強会のご案内※※※

エジプト不動産投資の勉強会【ブログでまだ公開していない新規プロジェクト編】
※こちらの記事は鍵付きです。閲覧にはHP右上に会員登録が必要です。

【勉強会のアーカイブについて】

※※※※※※※※※※※※※※※

 

今一押しの海外銀行口座の
詳細は下記。

※※※※※※※※※※※※※※
ウクライナの銀行口座開設はこちら
※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

ロシアの意図を理解しないと本質が見えてこない

最近、ウクライナとロシアが
またゴタゴタしていますが

基本的には

ロシア VS ウクライナ
の構図も
ロシア VS ジョージア
の構図も

ロシアの意図は同じです。

ロシアは、ウクライナやジョージアを
侵略したいわけではありません。

ここを正しく理解しておかなければ
ロシア、ウクライナ、ジョージアの構図で
何が問題で?何が問題ではないのか?
何がリスクになるのか?

が、正しく見えてこないです。

ロシアの目的が、ウクライナ、ジョージアの
侵略でないのであれば、何が狙いなのか?

それは・・・・

黒海 → 地中海 → 大西洋ルートの確保です。

ロシアにとって、黒海とは最重要軍事拠点であり
黒海を確保しておかなければ

地中海 → 大西洋のルートが
なくなってしまうのです。

地図を見て頂いた方が
分かりやすいですが

ロシアにとって
黒海とは地中海から大西洋に出るための
起点であり

この起点を確保しておかなければ
このエリアで、軍事的影響力を
保てなくなってしまうのです。

クリミア半島が軍事拠点として必要だった

2014年2月に発生した
クリミア危機・ウクライナ東部紛争は
『クリミア半島とウクライナ本土で
起こっているウクライナ政府軍と、親露派武装勢力や
反ウクライナ政府組織、ロシア連邦政府・軍との紛争である。』

と、されていますが
シンプルにクリミア半島がロシアにとって
軍事の面で、最重要拠点になるため
ロシアの影響力を残しておきたいと
言うために起きた衝突だったわけです。

これも地図を見て頂くと
分かりやすいです。

赤く丸で囲んだ場所が
クリミア半島です。

見て頂いた通り
黒海のど真ん中にあるわけです。

黒海を起点として考えた時
クリミア半島に軍事施設が
あったらどうでしょうか?

素人が見ても、めちゃくちゃ
利便性が良いのが分かるかと思います。

ちなみに、青く丸で囲んだ場所は
ロシアとジョージアが揉めている場所です。

地図で見ると、何で揉めているのか?
よく分かるかと思います。

全ては黒海が起点だからです。

EU加盟がロシアを刺激している

ロシアにとって
『黒海が最重要拠点なのは分かった』と。

しかし、クリミア半島もジョージアの紛争も
なぜ、今になって揉め出したんだ?と言うことです。

ウクライナもジョージアも
旧ソ連ではありましたが、旧ソ連崩壊後は

ウクライナもジョージアも、ロシアも
揉めることなく、うまくやっていたのに
なぜ、ここに来てロシアが強硬姿勢を取るのか?
と言うことです。

それは、すべて
ウクライナ、ジョージアのEU加盟が関係してきます。

ウクライナもジョージアも
将来はEUに加盟をしたいと思っています。

そして、EU加盟と一緒に議論もされるのが
NATOです。

NATOとは?
日本語で北大西洋条約機構と呼ばれてますが
北大西洋条約機構は、北大西洋同盟とも呼ばれ
ヨーロッパと北米の30カ国による政府間軍事同盟です。

ロシアは、ウクライナとジョージアには
NATOに加盟してほしくないのです。

それはなぜか?

ロシアにとって、黒海は最重要軍事拠点であり
有事の際には起点となってきます。

その際に、ウクライナやジョージアがいても
ロシアにとったら、取るに足りない弱小軍隊のため
問題にはならないのですが

これが、NATOに加盟されてしまうと
黒海は

ロシア VS ウクライナ、ジョージア
の関係ではなく

ロシア VS NATO
の関係、つまり

ロシア VS アメリカ、欧州、ウクライナ、ジョージア
の関係となってしまい

ウクライナ、ジョージアだけなら
ロシアは勝てるけど
流石にNATOを相手にするとなると
ロシア単体では勝てない。

と言うわけです。

ロシアの要求は?

なので、ロシアの要求としては

『ウクライナ、ジョージアをNATOに加盟させるな!』
と、アメリカに要求し

ウクライナ、ジョージアがNATOに加盟
しようとした場合

それよりも先に、黒海一帯を
ロシアの領土にしておきたい。

ロシアの領土であれば
ウクライナ、ジョージアがNATOに
加盟していても、関係ない。

と言うわけです。

まとめ

これと、似たような話が
日本でも起きているのをご存知でしょうか?

これが理解できれば
経済面において、ロシア、ウクライナ問題が
大した問題ではないと言うことが見えてきます。

それが尖閣諸島の問題です。

現在、日本と中国の間で
尖閣諸島に、度々
中国の軍艦が領海侵入をしており

まさに、今
ウクライナとロシアで起きていることと
同じことが起きているわけです。

ロシア同様、中国は日本を侵略する気はありません。
ただ、尖閣諸島が欲しいだけなのです。

それは、なぜか?
これは、最初の理由としては
『1970年代の調査で、石油の埋蔵が確認されたから』
とは言われていますが

現在の理由は、やはり『軍事』です。
尖閣諸島を中国の軍事拠点にできれば
中国は、太平洋に出ていくためのルートを
確保できることになるからです。

この辺りの理由も
今、ウクライナで起きていることと
本当に似ていると思いませんか?

中国とロシアは仲良しですし
政治的な考え方も同じなんでしょう。

話が戻りますが
尖閣諸島に、中国の軍艦が来て
日本政府とバチバチ、揉めているわけですが

それによって、日本経済は
何か大きな影響を受けたでしょうか?

銀行口座が使えなくなったりしましたか?

会社が封鎖されたりしましたか?

してないですよね?

ウクライナも全く同じです。

ロシアとバチバチやり合ってはいますが
それは『黒海エリア』についてであり

ウクライナ本土は、いたって平常です。

最悪は、黒海を捨てることで
NATO加盟とEU加盟を取ると言う選択も
あるのでしょうが

やはり、そうなっても
ウクライナ本土は、平常運転かと思います。

それは、ロシアの目的が
ウクライナの侵略ではないからです。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!アニメーションを使い、ブログの情報をわかりやすく解説しています。 Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています! BCG公式TikTokアカウント開設!現地の情報を短い動画で紹介! 音声プラットフォークVoicyをはじめました。BCGがお届けする「声」のオウンドメディア