Vol.0262:ファンド設立とそのコスト(ジョージア)

ファンドを設立する場合、各国で様々なルールが存在し
またその費用も色々です。
一般的によく言われているのが
日本のような先進国では、ファンドを1つ作るコストが
とんでもなく高く(10万ドル以上)、オフショアのような小国では
そのコストはとんでもなく安い(5万ドル以下)と言われ
オフショア籍のファンドが増えたのは、税金面だけではなく
コスト面でも有利だったからではあります。
ジョージアでも同じです。
まだ、ジョージアでファンドを設立したことはないのですが
現行の法律では、ファンド1つ作るのに
1万ドルもかかってこないです。
ここまでコストが安いと、ファンドを使った資産運用と言うのも
ありなのかなぁ?と考えています。
どのようなことなのか?と言いますと
弊社のトラストの中に
クライアント1人のために『プライベートファンド』を設立するわけです。
そのファンドの運用資金は?と言うと
クライアント1人のみなわけです。
プライベートファンドなので。
そのため、その運用資金をどうするのか?
の全ての決定権は、クライアントにあるわけですが
ファンドの管理は弊社が行なっているわけなので
クライアントの名前は、一切
表に出てこないと言うことが成立してしまうのです。
『単純な資産運用』を目的とするのであれば
このプライベートファンドのが良いケースが出ると思っていますが
ただ、このスキームをご紹介する前に
弊社の中で、いくつかの実験が必要だと思っています。
年内にいくつかの実験と検証を行い
2020年1月には、正式にサービスとしてスタートできたらと思っています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!エジプトの今をお届けします。エジプトTV Twitter公式アカウント開設!BCG公式Twitterをはじめました。海外ニュースを中心につぶやいています!