Vol.0973:パラオデジタル居住IDプログラムとは?

お知らせ

本題に入る前にお知らせです。

YouTubeチャンネルエジプトファン
現地、エジプトの様々な情報を配信しています。

ブログのような文章では伝わりにくいことを
現地エジプトから、YouTubeでお伝えしています。

まだまだ、チャンネル登録者数が少ないですが
まずは『チャンネル登録者数1万人』を目指して
頑張っていますので、是非、応援よろしくお願いします!
今一押しのエジプト不動産投資の
まとめ記事はこちら

※※※※※※※※※※※※※※
Vol.0897:投資は、1970年代の日本を見つけろ!!!

エジプト不動産投資まとめ
※※※※※※※※※※※※※※

※※※勉強会のご案内※※※
【勉強会のアーカイブについて】
※※※※※※※※※※※※※※※

資産運用に関する様々なご相談は
下記より、お気軽にお問い合わせを下さい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※
お問い合わせはこちら
※※※※※※※※※※※※※※※※※

パラオデジタル居住IDプログラムとは?

『パラオデジタル居住IDプログラム』
をご存知でしょうか?

パラオ共和国のスランゲルS.ウィップスJr大統領は
米・サンフランシのブロックチェーン開発企業
CrypticLabsと連携し
『デジタルレジデンシープログラム』を開始すると
発表しました。

簡単に言えば、これが
『パラオデジタル居住IDプログラム』です。

スランゲルS.ウィップスJr大統領は
『全世界の人にデジタルレジデンシーを申請をできるようにし
(エストニアのE-レジデンスと同じですね)
ブロックチェーンベースのIDシステムで
世界中の市民がブロックチェーンを通じて
パラオでのデジタル居住を証明できるようにする』とのこと。

デジタル居住が発行された場合
物理的にそこに居住する必要はなく
居住している人と同じメリットを受けれるとのことです。

パラオは日本と同じく島国であり
デジタルレジデンシープログラムを立ち上げることで
ブロックチェーンを介した経済の多様化を図ろうと模索しています。

そして、そのシステム名は
RNS(Root Name System =ルートネームシステム)
です。

まとめると

パラオは、エストニアと同じで
パラオに住んでいなくても、デジタルの住民票を
取得できるようにし

そして、パラオに居住している人と
同じメリットを受けられるようにする。

そのシステムを『ブロックチェーンベース』
作っていくと言うことです。

引用:cryptobriefingより

パラオは実はタックスヘイブン!

過去に弊社でも調査をしたことがあり
断念をした経緯がありますが
(その時のパラオは、遠隔で色々とやるには
インフラが整っていませんでした)

パラオは知る人ぞ知る
タックスヘイブン、オフショアなのです。

パラオでは法人税がなく
また経営者の収入についても課税されません。
パラオ国外での業務の収益に対しても課税されなく
また、その報告をする義務も課せられていません。

相続税もなければ、投資の利益についても
課税がされない。

まさに、タックスヘイブンなのです。

そんな、パラオが
『パラオデジタル居住IDプログラム』をやると発表!!

どんな物になるのか?
ワクワクしますね!!

パラオデジタル居住IDプログラムの申請方法!

パラオデジタル居住IDプログラムは
まだ、準備中であり申請はできません。

現在、メールアドレスを登録すると
『ウェイティングリスト』に登録することができ

パラオデジタル居住IDプログラムが
準備でき次第『ウェイティングリスト』の順位が
上の人から案内されるとのことです。

サイトは、多言語対応されており
日本語も対応しています。

メールアドレスだけで簡単に
『ウェイティングリスト』に登録することが
できるため、是非、登録をしてみて下さい!!

参照:パラオデジタル居住IDプログラムはこちら

まとめ

パラオデジタル居住IDプログラムの先に
あるのは、エストニアと同じで

・法人設立
・銀行口座の開設
・仮想通貨の取引

などです。

リゾートとしても有名なパラオですが
本当に面白い国になるのではないか?
と思っています。

弊社でご紹介中のジョージアの銀行口座は下記です。

ジョージア最大の民間銀行の銀行口座開設のサポート申し込みはコチラ 完全クローズド!BCGオンラインサロン!オンラインサロンメンバー限定の銀行口座、投資商品のご紹介!また、不動産など様々な投資案件の情報を先行配信! LINE@公式アカウント開設!友達追加で「勉強会の告知」や「毎日12時にアップされるブログ情報」が届きます! Youtubeチャンネル開設!エジプトの今をお届けします。エジプトTV